国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

こんな転職は失敗する!税理士・公認会計士の転職失敗事例

転職活動はできるだけスマートに進めたいもの。そのためには、「何が失敗の原因になるのか」を知っておく必要があります。税理士・公認会計士の転職でありがちな失敗事例を紹介します。

失敗事例1 志望動機が不明確

転職に限らず、採用面接時に必ずといっていいほど聞かれるのが志望動機。本音は「給料がアップするから」、「残業が少ないから」といった待遇面の魅力に惹かれての志望だったり、「上司と反りが合わない。とりあえず辞めたい」という現職に不満があるゆえの転職だったりするものですが、採用側にしてみれば、そのような動機では採用する理由が見つかりません。面接時には、別の「説明できる動機」を用意しておきたいものです。

転職は、「何がやりたいのか?」「なぜその会社を応募したのか」「今までの経験をどう活かせるのか?」など資格プラスαの部分を明確にアピールすることが成功の鍵。志望する企業の強みを把握し、自分を売り込んでいけるようにしましょう。

また「志望先の経験を経て独立したい」と考えている方。はなから独立を視野に入れている人材を素直に受け入れてくれる会計事務所は少ないものです。独立に関する考え方は会計事務所によってさまざまなので、「独立OK(歓迎)」の事務所をターゲットにするのが吉でしょう。

失敗事例2 スケジュール管理が下手

どんなに熱意があっても面接の時間を守れないと、それだけで採用対象外となってしまうことがあります。ほとんどの場合、企業は同時進行で複数の候補者と面接をしていますから、リスケジュールをするよりも他の候補者に内定を出した方が早いと思われれば、それまでの縁となります。
また、体調不良は「自己管理意識が低い」と見られがち。面接の時間は何としてでも守りましょう。

1 2
ページ先頭へ