国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

税理士試験 懸念される受験者数の減少 5科目合格者は835人に減少

平成27年度税理士試験の合格者が12月18日、国税庁から発表された。それによると最終合格者は、過去10年をみたとき最も少ない835人。昨年の910人より75人少なくなっている。受験者数も4万人を割り込み、ついに3万8175人まで減った。中小企業の経営者にとっては参謀役、大・中堅企業にとっても重要な財務・会計のアドバイザーである税理士だが、資格人気はこの数年で深刻な状況になってきた。

2000年以降で過去最低の合格者数

今年の税理士試験の合格者発表が、例年より1週間ほど遅い12月18日に国税庁からあった。最大のポイントは、過去10年を見たとき、最も少ない835人の合格者数だったこと。この数字は、21世紀に入っても最も少ない合格者数だ。

合格者数が減少している背景には、受験者数の減少が影響している。今年の税理士試験の受験者数は、4万人を割り込み2000年以降で最も少ない3万8175人にまで減っているのだ。

1 2 3
ページ先頭へ