国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

公認会計士の記事一覧

  • 2016年度 4大監査法人の業界地図 クライアントから分析

    2017.12.25

    東芝問題に端を発し、新日本監査法人からの顧客流出が起きた当期。激動の中、クライアント数1位をおさめたのは意外にもあの監査法人だった。2016年度の4大監査法人の成績をクライアント数の増減から振り返る。

  • ニュージーランド公認会計士資格(CAANZ)取得(?)への道【2】:車を買ってみた

    2017.11.29

    定住先はまだ定まりませんが、車を購入しました。
    日本と同じ左側通行なので適用は問題なし。行動範囲がすこぶる広がっております。
    今回は車購入のお話を少し。

  • 顧問先からの相談で押さえておくべき「不動産小口化商品」投資のポイント<PR>

    2017.11.17

    相続対策や資産運用として根強い人気の不動産投資。会計事務所のクライアントでも、知らぬ間に不動産投資を始めているケースも珍しくない。「勝手に投資した」「専門外」と、われ関せずではなく、税理士なら税金対策や投資リスクなども考慮したアドバイスをしたいところだ。最近では、少額で不動産投資ができる「不動産小口化商品」(以後:小口化商品)への関心も高く、不動産投資のハードルも下がっている。税理士として押さえておきたい、小口化商品の見極め方やアドバイスのポイントに迫った。

  • 不動産小口化商品で資産運用 節税効果などに騙されていないか<PR>

    2017.11.17

    緩やかになってきたものの、上昇をつづける不動産価格。資産運用の一つとしてクローズアップされている。不動産価格は今後も堅調な値上がりを見せると予想する専門家も多く、ますます不動産投資熱は上がりそうだ。その一方で、不動産投資に対する不信感は根強いのも事実。とくに税理士・会計士の間ではバブル期の苦い経験が蘇る。最近では、装いも新たに不動産小口化商品も復活しているが、本当に危なくないのか・・・。

  • 国税審判官の仕事は?待遇は?

    2017.11.10

    国税不服審判所では現在、平成30年7月採用の特定任期付職員(国税審判官)を募集している。税理士や弁護士等にとって国税の審査請求に係る事件の調査・審理等に直接携わることができるとともに、再び士業に戻った時にも業務に役立つとして注目されているこの特定任期付職員について、この機会に仕事内容や待遇等について触れてみたい。

  • 民間の医療保険は必要?「感情」と「勘定」で考える 〜会計士ライフプランナーのコラム Part.6

    2017.11.07

    国民皆保険制度の日本では、原則としてすべての人が何らかの公的医療保険に加入していますが、制度が複雑で「どんなときに、いくらもらえるのか」よく分からない、という声を聞くことも少なくありません。今回は日頃お問い合わせいただくことの多い社会保障のうち、健康保険の制度について解説したいと思います。

  • “ベンチャー支援”のモデルを世界に発信していきたい──デロイト トーマツ ベンチャーサポート斎藤祐馬事業統括本部長(後編)

    2017.11.01

    前回に引き続き、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社事業統括本部長の斎藤祐馬さんにお話を伺っていきます。現在の事業の内容、どのように事業を成長させてきたのか、今後の展望など、「日本発のイノベーションファーム」として世界へ羽ばたこうとしている斎藤さんを通して、これから必要となる人材像を紐解いていきます。

  • ベンチャー企業とともに未来を築く──デロイト トーマツ ベンチャーサポート 斎藤祐馬事業統括本部長(前編)

    2017.11.01

    毎日の単調な監査業務に飽きてきた……何か新しいことに挑戦したいけれど何をしたいか分からない……。キャリアに悩む会計人も多いはず。今回は、デロイト トーマツで会計士としてキャリアを開始し、現在はデロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社でベンチャー企業の支援をおこなっている、同社事業統括本部長の斎藤祐馬さんにお話を伺いました。

  • ニュージーランド公認会計士資格(CAANZ)取得(?)への道【1】:NZ税制の第一印象

    2017.10.30

    同じ島国だからでしょうか、何となく親近感を感じる国ニュージーランド。マーケット的に東南アジア、アメリカと比べて需要が薄いのは承知で、ニュージーランドのニッチな会計情報の発信を始めます。ソースは現地で会計士になれるかを自身で実験している元会計士です。
    初回はニュージーランドの会計士へのプロセスと税制の第一印象をざっくりとお届けします。

  • 選ばれる営業マンは「話し上手」ではなく「聴き上手」 〜会計士ライフプランナーのコラム Part.5

    2017.08.28

    営業未経験から保険営業の世界に身を投じた当初、教わったスクリプトを暗記したり、売れてる先輩のトークを真似たりと、とにかくうまく話せるようになりたくて必死に練習していましたが、たくさんのお客様と接するうちに、「もっと大事なことがあるのでは」と思うようになりました。

ページ先頭へ