国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • キャリア・お仕事
  • 専業主婦からママ税理士へ 子育てしながら働く!ライフスタイル白書【24】:周辺“他士業”業務の学び

専業主婦からママ税理士へ 子育てしながら働く!ライフスタイル白書【24】:周辺“他士業”業務の学び

「餅は餅屋」で給与計算なら社労士、開業・設立については司法書士や行政書士、などそれぞれの専門分野があります。とは言え、お客様から質問があったときに全くお答えできないのでは恥ずかしいので、ある程度の知識は必要です。

士業にはそれぞれ専門分野があり、各士業が行える業務は、各士業を規定した法律(弁護士法、社会保険労務士法、司法書士法、税理士法…など)で定められています。それぞれの職域について、他の者がその職務を行うことを禁止している規定もあります。だから税理士じゃない人が税務代理を行ってはいけないし、逆に税理士がやってはいけない仕事もあります。

私自身は、「なるべく私が対応する」よりも「餅は餅屋」に頼んだ方がいいという考えなので、たとえ禁止はされてなくとも、基本的に税理士業務ではない内容についてお問い合わせがあれば、知人の各専門家をご紹介するようにしています。とはいえ、お客様は、何を何士に聞いたらいいのか迷うこともあり、とりあえず私に聞いて下さること自体は大変有難く思います。そのようなときに「それは私の専門外なので〇〇士に聞いてください!」とは言えません。ご紹介するにしても、ある程度のことをお話したうえで、「それはこのような考えでこうなると思いますが、よろしければ、知人の〇〇士をご紹介させていただきましょうか」とお伝えするようにしています。

また、お客様のためだけではなく、自分自身が税理士の仕事をしていくうえで、無関係ではいられない分野や税理士業務と密接に関係している分野があります。例えば、残業代の計算方法や最低賃金がいくらなのか(これは従業員がいる顧問先様にお伝えする必要があります)。会社を設立するとき、役員の変更があったとき、資本金の額が変わったときに会社がしなくてはいけないこと……など。

この原稿を書きながらも、「まだ私が知らないこともたくさんあるんだろうなぁ……」とドキドキなのですが(笑)、よく質問されることについては特に、それらについて知っていないと恥ずかしいし、知っていたいなと思っています。

私の場合、知らないことについて質問されたときには、まずはインターネットでさっと調べます。そのときに、すべてを鵜呑みにしないこと、特定のサイトのみを見るのではなく、いくつものサイトを見るなど、注意は必要です。そのうえで、自分の認識で合っているのかの確認や、「その専門家にとったら簡単な質問かな?」と思うものについては、申し訳ないと思いながらLINEなどで「教えてー」と、聞くことがあります。もちろん逆に税務の質問があれば気軽に答えますし、そういう関係性の専門家です。聞く場合にも、全くのゼロべーズで質問するのではなく、ある程度自分で調べてから質問することで、「じゃあ、こういう場合はどうなる?」など、より具体的に、踏み込んだ質問ができます。

また、お客様から具体的な質問があったときだけではなく、普段から研修やセミナーに参加して学ぶこともあります。民法改正のセミナーなどは、税理士会の研修のほか、税理士向けのもの、会社経営者向けのもの、弁護士の先生の講義などを聴いています。私の場合、一度ではなかなか理解できなかったり忘れてしまったりするので、何回か違うセミナーに参加することで「この前もこの話聞いたっけ。何度も出てくるということはここが重要なのね」と思ったりします。先日は、給与計算の研修を1日みっちり受け、大変勉強になりました。

ライセンスライブに出演したみなさんと。

少し話はそれますが、先日、ライセンスライブというトーク番組に出演させていただきました。弁護士、司法書士、行政書士、弁理士、土地家屋調査士、税理士の6士業が、いくつかのテーマ(「最近気になるニュース」「紹介するなら〇〇な先生がいい」「□□士から△△士への質問」など)についてお酒を飲みながら自由に話すという企画で、話は脱線もしましたが(笑)、お互いに「へ~!〇〇士ってそういうお仕事もしてるんだ!」と、意外な発見があって非常に楽しかったです。

各士業の専門分野をしっかり勉強することはとてもできませんが、いろいろな話を聞いてアンテナを張り、仕事で必要な知識や興味がある部分は積極的に学ぶようにしていきたいと思っています。お客様との話のネタにもなることもありますしね(笑)。

著者: 脇田弥輝

脇田弥輝税理士事務所/東亜大学大学院法学専攻非常勤講師

長男を出産後、会計・税法の知識ゼロから税理士を目指し、2013年税理士登録。税理士法人勤務を経て2016年脇田弥輝税理士事務所開業。「『外部の税理士の先生』ではなく、『内部の敏腕経理』と思って頂き、お客様とともに事業を成長させる」を理念とし顧問先と付き合う。著書に「ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる 青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本」(ソーテック社)がある。
■脇田弥輝税理士事務所
http://wakitamiki.work/
■子育てママ~専業主婦から税理士☆合格体験&お仕事日記
http://ameblo.jp/zeirisi-ni-naru/

ページ先頭へ