国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • キャリア・お仕事
  • 専業主婦からママ税理士へ 子育てしながら働く!ライフスタイル白書【32】:年末年始の過ごし方~受験時代、勤務時代、開業~

専業主婦からママ税理士へ 子育てしながら働く!ライフスタイル白書【32】:年末年始の過ごし方~受験時代、勤務時代、開業~

税理士試験の結果が出ました。悲喜こもごもだと思いますが、まだ受験科目がある方は来年に向けて進むのみ。受験生時代は冬休みもゆっくり休めなかったけれど、では今はゆっくり休んでいるのか…?受験生時代、勤務時代、開業の今、の年末年始の過ごし方について書きたいと思います。

12月13日(金)、税理士試験の発表がありました。最初、「え!8月に受験して発表が12月!?なんで??」と驚いたのは、きっと私だけではないはず。ものすごい数の答案を、基本的に1人で添削する(と聞いています)ので時間がかかるのは仕方ないのかなと思いますが、点数配分や採点方法などはっきりしていない面もあり、モヤモヤしている方もいらっしゃると思います。でもまぁ、仕方ありません。事実として受け止め、まだ受験科目が残っている方は、来年に向けて突き進むしかありません。

受験生時代の年末年始は時間確保に四苦八苦

編集者の方とのひとこま。12/19に新著「世界一やさしい 電卓の教科書1年生」を出版しました!

私が受験していた頃は、冬休みは子ども達がずっと家にいるため、勉強時間の確保が難しかったです。子どもが寝た後や、(大みそかと元日は自習室がお休みだったと記憶しているので、それ以外の休日は夫にお願いをして)自習室や近所のカフェで勉強していました。大みそかや元日も、1秒も勉強しないのではなく、1~2時間くらいは勉強しました。正直その1~2時間で合否に関係あるのか微妙ですが、もう願懸けみたいなものでした。初詣では毎年、合格を祈っていましたね(笑)。

勤務時代は平和な年越し

受験が終わり仕事するようになると、税理士業界は冬が忙しいので、夜遅くまで残業する事務所も多いと聞きます。私自身は、パート勤務の頃は土日出勤や残業は全くなく、時間が来れば帰らせていただいていました。(所長は土日や夜遅くまでも仕事していたようでした。)当然、年末年始もしっかりお休みしていました。

転職して正社員として働き始めてからは、冬は多少残業する日々もありましたが、それでも少ない方だったのだと思います。2~3月は土日のどちらか出社することが時々ありましたが、年末年始はお休みしていました。家にいる間は仕事のことは考えず、箱根駅伝を見ておせちを食べる平和なお正月でした。

開業税理士として過ごす年末年始は自由自在だけど・・・

そして開業税理士となった現在、年末年始の過ごし方は自由です。仕事はせずにお休みして旅行に行くのもいいなと思います。でも去年は、子ども達の部活や塾で遠出の予定もなかったので、結局ちょこちょこ仕事していました。箱根駅伝を見ておせちを食べる平和なお正月に変わりはありませんが、勤務時代と違って、家にいても仕事のことを一切考えない、ということはありませんでした。

そして今年。どこかに旅行もいいな~とも思ったのですが、長男アルバイト、次男部活・・・結局、家族で話し合い、旅行は3月下旬にしようかということになり、そうすると家にいたら・・・結局仕事をしてしまいそうな気がしています(笑)。
年末調整や法定調書関係、償却資産税関係、11月決算、12月決算・・・、急ぎではなくとも、やることは盛りだくさん。どうせ時間があるなら少しずつ進めておけば1月以降が楽になるよなぁ~と思うと、完全に休むことが出来ないと思うのです。それがいいのか悪いのか…。ただ、しっかり休むにしても、少し仕事するにしても、それを「自分の裁量で決められる」という点がいいのだと思います。何より、自分の仕事って「やらされてる」感がないので全然嫌じゃないのです。

いつかは、年末年始しっかり休んで海外旅行する年もあるかもしれませんが、開業して4回目の年末年始は、家事育児・プライベート(実家など)・少し仕事、となりそうです。

出版のお知らせ

●12月19日ソーテック社より出版 脇田 弥輝 (著)
「世界一やさしい 電卓の教科書1年生」

著者: 脇田弥輝

脇田弥輝税理士事務所/東亜大学大学院法学専攻非常勤講師

長男を出産後、会計・税法の知識ゼロから税理士を目指し、2013年税理士登録。税理士法人勤務を経て2016年脇田弥輝税理士事務所開業。「『外部の税理士の先生』ではなく、『内部の敏腕経理』と思って頂き、お客様とともに事業を成長させる」を理念とし顧問先と付き合う。著書に「ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる 青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本」(ソーテック社)がある。
■脇田弥輝税理士事務所
http://wakitamiki.work/
■子育てママ~専業主婦から税理士☆合格体験&お仕事日記
http://ameblo.jp/zeirisi-ni-naru/

ページ先頭へ