国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

【インタビュー第一弾】監査法人からメルカリへ 会計士を魅了するメルカリのバリューとは 

株式会社メルカリ(東京・港区、以下「メルカリ」)の経理チームでマネージャーとして活躍する会計士の野口鉄平氏。大手投資銀行からの内定を蹴り、監査法人からメルカリへの転職を決めたのはなぜか。メルカリが会計士を魅了するわけを探っていきます。

株式会社メルカリ 経理チームマネージャー 野口鉄平氏

会計士を目指したきっかけ

―まずは野口さんが会計士を目指したきっかけを教えてください。

私は経済学部だったので、会計士という資格をもともと知っていて、身近な友人も勉強していました。当時は経済学部の人が取る最難関の資格ということで憧れもあったのですが、難しさからドロップアウトしていく友人を何人も見ていたので、勇気がなく学生時代はチャレンジしませんでした。それでもゆくゆくは会計士になりたいという漠然とした思いがあり、腹をくくるためにも自分のお金で受験したいと思っていました。そこで3年ほどリクルートで働いて貯金ができてから会計士にチャレンジしました。

―では、もともと会計士を目指すことを見据えて就職されたんですね。

リクルートで仕事を続けるという選択もあったと思います。リクルートのことは好きでしたし、今でもリクルートの人と飲みに行ったりゴルフに行ったりもします。でも、その3年間で会計士への思いは消えませんでした。大原の横浜校の目の前の家を借りて、2年間通って勉強しました。

―野口さんは監査法人トーマツで会計士の経験を積まれたということですが、トーマツを選んだ理由は何ですか?

公認会計士試験に合格したのは2012年でした。トーマツを選んだ理由は、一言でいえば受験生に対するフォローが厚かった、ということです。
公認会計士試験合格後、様々な法人説明会に通い、監査法人に勤務している方々と名刺交換させて頂きました。法人説明会で知り合った方々にたくさん質問を送り、法人選びの参考としていました。そのときにとても丁寧に返信してくれたのがトーマツの方々で、それがポイントとなって選びました。

僕もトーマツでリクルーティングを担当していましたが、1日50枚以上も名刺を渡していたので、渡した方々から多数の連絡が来ました。僕自身もトーマツの方から内容の濃いお返事をいただき法人選びを行った結果、ベストな監査法人に行くことができたと思ったので受験生から連絡が来たときは、きちんと返すようにしていました。
手数はかかりますが、時間を割いて質の高い採用を行う、新入社員を育てようという気質は徹底されていて、受け継がれていると感じています。

株式会社メルカリへ

―トーマツからメルカリに転職をされた理由は何でしたか?

メルカリで働いていた大学時代の先輩が声をかけてくれたことがきっかけです。メルカリに転職した決め手としては、ベンチャー企業ならではのスピード感と、楽しそうだと思ったことですね。

メルカリの話を聞いて面白そうだと思いましたが、そのときすでに他社(投資銀行)の内定も出ていて、4日後に返事をしないといけない状況だったので、スケジュール的にメルカリを受けるのは無理だと伝えました。すると、「最終面接まで1日でやるからおいでよ。」と言われたんです。そのときにベンチャー企業のスピード感は凄いなと思いました。本当に1日で5人くらいと面接をさせてもらい、こちらのスケジュールに間に合わせてくれたんです。その面接では、聞かれることよりも僕が質問することの方が多くて、会社の情報を集めているうちにとても面白そうだと思いました。

給与面については、どこが一番高かったか分かりませんが、メルカリが一番楽しそうだなと思ったんです。うちのCFOの長澤にも面接で「どうしてメルカリに来たいの?」と言われたのですが、「楽しそうだからです。」とだけ答えました (笑)

―どの辺りが楽しそうだと思われましたか?

まず、スピード感。そして自分でどんどん進めていけるところです。メルカリにはバリューの一つに「Go Bold」というものがあるんですが、大胆にチャレンジしていこう、という風土を表しています。監査法人では、いかにリスクを取らずに進めるかを大事にするので、メルカリとは逆なんです。投資銀行のバックオフィスに行っても、利害関係者も多く、金融機関なのでリスクは取れないと思います。自分が今まで経験したことの無いダイナミックさに惹かれました。

 

メルカリで現在募集中の求人

Accounting&Tax Senior Specialist【経理スタッフ】

●Financial Planning & Analysis【経営企画】

Internal Auditor, IT Audit In-charge【システム監査】

 

(続編)【インタビュー第二弾】独自の強みを武器にメルカリで活躍する会計士

 


更新情報はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

株式会社メルカリ
事業内容:フリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運用
所在地:〒106-6118 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー
https://about.mercari.com/

 

ページ先頭へ