国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

女性記者のひとりごと vol.79 モバイルSuica

消費者の痛税感の緩和とキャッシュレス決済の浸透を狙い、2019年10月の消費税率引上げに合わせてスタートしたポイント還元制度。しかし、現場ではその導入に伴い混乱も…。今回は、Suicaのポイント還元制度について物申したいと思う。

2019年10月の消費税率引上げに合わせてスタートしたポイント還元制度。
2020年6月までの9カ月間、対象店舗でクレジットカード、デビットカード、電子マネー、スマートフォン等を使って代金を支払うと、最大5%のポイント還元が受けられる。
政府の狙いは、消費者の痛税感の緩和とキャッシュレス決済の浸透だ。

例えば、対象店舗で食料品を買った場合、軽減税率8%に加え5%のポイント還元が受けられるため、消費税率は実質3%になり、痛税感は薄まる。
キャッシュレス決済の利用者は急増中で、JR東日本の交通系電子マネーのJREポイント会員の2019年9月の入会数は前月の14倍となったという。
がしかし、現場の混乱は続いているように思う。特にSuicaに物申したい。

Suicaで買い物するとJREポイントが付いて嬉しいけれど、それが「期間限定ポイント」だったりすると何かと面倒。
有効期限があるから失効しないうちに早く使いたいのに、期間限定ポイントはSuicaへのチャージは出来ないという。
駅ナカなど特定の店舗なら利用可能ということで、対象店舗に指定されているJRの駅ビル「アトレ」で買い物する際に、ポイントで支払いたい旨を店員に言うと、

「スミマセン、当店の機械はモバイルSuicaにまだ対応していないんです。Suicaカードならご利用いただけます」と言われた。マジか!?
私はSuicaをスマホに取り込んで「モバイルSuica」にしたので、カードのSuicaは処分してしまった。
意地になってJRの担当部署に電話して、モバイルSuicaの期間限定ポイントを使える店舗を聞いたところ、
なんと都内の3店舗しか対応できていないという。それもいずれも馴染みのない駅ばかり。
平謝りする担当者に「何それ、全然ダメじゃん」と愚痴ってしまう何とも大人げない私。
かくして、期間限定ポイントは使えぬままに失効した。
消費増税に伴うポイント還元の陰に、こんな地味な被害が発生していることを知って欲しいと思う。

———————————————————————————————————————
◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
https://go.career-adv.jp/l/805303/2019-10-29/515px

おすすめ記事やセミナー情報などお届けします
———————————————————————————————————————

著者: 川瀬かおり

記者/税金ライター

社会部を根城とする税金オタクの女性記者。財務省・国税庁を中心に取材活動を展開すること20余年。事件モノを得意とし、裁判所にも日参する。税金ネタをこよなく愛する一方で、税制の隙間や矛盾を見つけては叩きまくるサディスティックな一面も。趣味は夜討ち朝駆けとクラブ通い。

ページ先頭へ