国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

調整力。会社員にとっての「中小企業診断士試験」

どうもー、ブログ「資格の先のYU ME NO U E」の運営をしております、YU ME NO U Eです!今日は私の資格人生の入り口ともいえる「中小企業診断士試験」について書いていこうと思います。
まずは、私がそうであったように、「会社員」として企業内で働かれている方にとって中小企業診断士試験を通して学ぶことのメリットについて、実体験を踏まえて書いてみます♪

● ビジネスのことを体系的に勉強したければ → 中小企業診断士

先の記事で、中小企業診断士試験を通してビジネス全般の幅広い知識を身に付けられる、とお伝えしました。では、具体的に学ぶ内容ってどんなこと?っということで、1次試験の7科目を書き出してみます。

  1. 経済学・経済政策
  2. 財務・会計
  3. 企業経営理論
  4. 運営管理(オペレーション・マネジメント)
  5. 経営法務
  6. 経営情報システム
  7. 中小企業経営・中小企業政策

どうですか?これらの言葉を聞いてピンと来る方もいれば、聞いたことはあるけど何のことかわからないというものもあるかと思います。会社員として働かれている方に、身近に感じてもらえるように各試験科目と会社の部署との関係を図にしてみました。(あくまで一例です。)

大企業をベースにしてみるとこんな感じだと思います。(中小企業ではこのように部署が細分化されていないことも多く一人の担当者が複数の仕事を兼務していたり、そんな仕事なんてないよ、なんてこともありますが。)

● 「会社員」にとっての中小企業診断士試験

会社員の皆様、いかがですか?先ほどの図の中に自分が所属する部署や仕事で関わりのある部署はありませんか? 逆に、ほとんど関わったことがない部署もあったりしませんか?

かくいう私は先の1次試験の7科目のほとんどが初めて触れるもので、世の中にこんな仕事をしている人(部署)があるのかー!っと毎日目をキラキラさせながら勉強していたものです。そんなふうに好奇心を満たされていくだけで楽しかったのですが、この試験の良いところはそれに止まりません。

1 2 3
ページ先頭へ