国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

会計士 中村亨の「経営の羅針盤」第4回-大廃業時代のススメ「事業や戦略の再構築②」

日本クレアス税理士法人/株式会社コーポレート・アドバイザーズ代表の中村亨です。経営者として、また会計士としての日ごろの経験から、皆さんのビジネスやキャリアのヒントとなるようなトピックスをカジュアルにお伝えしていきます。前回に引き続き、今回のコラムでは不況をチャンスととらえて事業や戦略の構築に挑む際のポイントについて考えてみましょう。

「元号が変わると不況になる」という話題を皮切りに、不況をチャンスととらえて事業や戦略の構築に挑む方法としての「多角化戦略」についてお話をしています。

少し前回のサマリーをしておきます。

  • □「大廃業時代」を生き抜くには、残存者利益の確保、つまり何としても“生き抜く”ことを目指せ
  • □ 生き抜いて「勝ち組」になるために必要なことは差別化。その一つ目は「粗利を高くすること」
  • □ 二つ目は「収益のマルチチャネル化」つまり、「多角化」への戦略を取ること

中でも、中小企業の多角化の方法論として「隣地を攻める」ことに尽きる、ということをオリックスの事業戦略を例に挙げながらご紹介しました。

 

アンゾフの多角化マトリックスに見る、中小企業が狙うべき領域とは?

さて、多角化についてもう少し経営学的にとらえてみましょう。
やはり古典的ではありますがアンゾフの多角化マトリックスになりますね。

市場(顧客)と製品(サービス)の2つの軸から企業における事業の成長戦略を4つに分類したもので、自社の成長戦略を決定するときに使うフレームワークです。これまでの事業の成長が伸び悩んだときや、収益のマルチチャネル化を考えたとき、さらに、事業をどの方向に延長していくか?ということを考える際にも有効な手法です。

また、実際に多角化を進める際には、その「手段」も重要です。「手段」には2つあり、自前で進める方法と、M&Aで進める方法の2つがありますが、今回のコラムではあくまでも前者(M&Aではなく、自前で進める)を前提としています。

 

1 2 3
ページ先頭へ