国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • ライフスタイル
  • 【シリーズ】独立若手公認会計士の日常 4.食いつなげる仕事、いや食いつなげた仕事というべきか

【シリーズ】独立若手公認会計士の日常 4.食いつなげる仕事、いや食いつなげた仕事というべきか

主人公である26歳若手公認会計士が監査法人を辞めた勢いで独立し、せっかく安定したのに再就職して自分の居場所をだんだんと見つけていくフィクションライフスタイル。
この物語に登場する人物や団体、事象はフィクションです。

前章『3.勢いでなんか独立してみた』

(関連記事)

・第1章 俺、監査法人辞めるわ

・第2章① 監査法人辞めた後の選択肢はなんだ~①そもそも俺は何がしたい~

・第2章② 監査法人辞めた後の選択肢はなんだ~②公認会計士としてキャリアを積んできた俺の強みはなんだ~

・第2章③ 監査法人辞めた後の選択肢はなんだ~③自己分析した状況を踏まえて選択肢をよく考えてみる~

・第3章 勢いでなんか独立してみた

 

転職活動に手応えを感じていたが、実際に働きたいとまでは感じないため内定が頂けたところですら辞退してしまった。そんな中、たまたま独立している元同期から財務調査の依頼を受けた。フリーランスとしての業務を経験してみたかったため受託。同時に、転職活動を保留し、先に監査法人ではない業界で働いている元同期たちやベンチャーで経営者として頑張っている友人達との飲みニケーションに毎日のように時間を使って刺激を受け、視野を広げる活動を始めた。広がった人脈により、気付くとフリーランスとしてなんとか食っていけるくらいの仕事が受託できるようになっていた。勢いからの成り行きに近い形で独立したが悪くないと感じている。

本章『4.食いつなげる仕事、いや食いつなげた仕事というべきか』

元同期や経営者との飲みニケーションによって、財務調査や事業計画の策定などを含む経営企画サポートといった業務が受注できたため、半年ほど食っていける算段がついていた。しかし、その先となると全く売上が見えない状況でもあった。転職活動をいったん保留にし、フリーランスという自由を謳歌してはいたが、先が見えないためどうするかを迷っていた。

半年先は仕事が足りなくなりそうだからと言って、選択肢がないわけではなかった。相変わらず飲みニケーションは続けて人脈と言うか知り合いは日に日に増えていっており、会う人の10人に1人くらいの割合で税の悩みを聞く。実際に確定申告を頼みたいというところも複数あるくらいだ。ただ、やりたいと思わなかったため断ったり、お茶を濁していた。やりたくない理由は2つある。

1つは、公認会計士なのに公認会計士ゆえの本分がフル発揮できると感じない法人税や所得税という会計の仕事としてはベタな作業業務に従事することに抵抗があったからだ。

もう1つは税務で生きていく覚悟もなく、いつまでクライアントのサポートをし続けられるかわからない先の見えないキャリアであったため、引き受けて1~2年で担当を降りるという迷惑なことをしたくなかったからである。

そんな先の見えない中、ミスマッチな税務ニーズだけが高まってきた冬、フリーランスになってすぐに念のために開業届を出していた税理士登録が正式に承認され、登録できた。そう、「公認会計士・税理士」になったわけだ。スキルが変わったわけではないが、制度上、公認会計士という資格は、公認会計士の登録だけでは税務業務は受託できず、税理士の登録を申請すれば税務業務ができるようになる登録制なのだ。公認会計士の資格に合格すれば税理士の資格もついてくるが、登録してはじめて有効となるイメージである。

そんな折、よく飲んでいる経営者からあらたまって相談があると呼び出された。相変わらず行きつけの居酒屋だ。「頼むからうちの顧問税理士になってくれよ!」前から度々頼まれてはいたが断り続けていた。魅力的な経営者であり、事業も新規性があり面白く、何かしらで関わりたい会社ではあった。税務以外で。税理士登録したこともあり、なぜそんなに税務を頼みたいのか聞いてみた。理由はこうだ。

①税務とは別に会計だけで発注するほど資金に余裕があるわけじゃない。同時に見てもらえるなら通常の税務の代金にプラスで払うことならできる。

②今の顧問税理士は税金しかわからない。普段俺がアドバイスしているような経営を意識した数値として、ファンドや銀行に説明しやすい予算数値や、内部管理のための数値管理は頑張ってもらってもできそうにない。

③今の顧問税理士は一般的な税理士で卒なくやってくれているが面白くない。毎月払っている顧問料の意味が感じづらい。

急成長しているベンチャーであり、単に税金の計算が出来るだけでは外部対応としても内部管理としても通常の税務だけだと足りず、管理会計、資本政策、事業計画など戦略的なマネジメント会計が出来ることが緊急的、かつ、重要となっているようだった。

銀行やファンドなどにも体制強化を強く求められるようになっているとは言え、真っ当な経営者だ。会計の専門家でないのに税務や会計の違いなどをよく理解している。切実な要請を受けている。ニーズも理解している。俺としても請けてやりたいし、ちょうど先が見えなかったので税務を始める良いきっかけになる。しかし、1つ確認しておかないといけない。

「請けたいと思うが、実は税務は得意じゃないんだ」

そんなハズないだろって顔でハイボールをグビグビ傾けながらこっちを見て笑っている。請けたいという言葉で安心してしまったようだ。ちゃんと説明をしようと思う。

「公認会計士は確かに申請するだけで税理士になれるし、最難関国家資格と呼ばれる難しい試験にもガッツリと税務がある。しかし、普段から税務の仕事をしているわけではなかったから毎日税務をやっている税理士の方が税務という観点だけだと仕事はデキることは間違いない。もちろん、資格もなく、体系的に税務を学んできていない人と比べたら安心感はあるだろうし、会計を専門にしてきても会計の中には税務も含まれはするから理解はできる。慣れるまで即答できないなど不便をかけることがあるかもしれないんだ。」

俺としては一流の対応をしたいが税務はすぐにその対応をする自信がない、と言うより出来ないため伝えたが、なんだそんなことかと一蹴されてしまった。

「期待しているところは税務だけじゃないし、むしろお前が得意としている会計だ。管理会計や資本政策、事業計画の策定といったレベルの高いマネジメントに必要な判断材料が俺は欲しいんだ。いつも相談があるたびに飲みに連れ出してタダでアドバイスを受け続けるのも性に合わないんだ。出来ないわけじゃないなら多少ごたついてもかまわないから税務ごと引き受けてくれ。数字はお前に頼りたい。」

熱烈なオファーに胸が熱くなった。毎日のように飲みニケーションをし、なんでも気軽に相談に乗っていて気付かない間に信頼を得ていたようだ。

どうせ税務を実務で対応できるようにするなら、1社だけの受託では慣れるために頑張った労力へのコスパが悪いので他も請けていくことにした。

税務はもともとニーズが高かった業務であり、ちょうど来月から個人の確定申告のシーズンでもあるので法人、個人それぞれ発注してくれるところがすぐにいくつか見つかった。

税務は公認会計士が得意とする業務の単価と比べると高くないし、慣れても作業が多く大変だが、安心して食いつなげる仕事だ。所得税の確定申告がはじまるととても忙しくなるだろうから、クライアントにも余計な負荷をかけなくて済むように出来る段取りをどんどんと進めていった。

税務を受託するようになって安心して食い繋いでいけるようになったが、飲みニケーションは最早ライフワークとして相変わらず続けている。一生フリーランスでいるつもりではないが、新しい気付きがあって視野が広がり、人脈という資産を得られる便利な手段だからだ。何より良いエネルギーを持ったやつらと過ごす時間は将来が形成されるようでとても楽しい。年度末、安心して年が越せる。

 


次章『5.重宝される俺。舞い込む奇跡。』は近日公開!

【youtuberとしても活動中:お金のカラクリ侍

 


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


 

著者: 松本ゆうや

公認会計士

立命館大学卒。34歳。大手監査法人を修了考査合格直後に転職、会計系コンサルティングファームへ。財務調査、IPO、事業再生、不正調査対応といった会計業務を経験しつつ、新規事業開発やマーケティング支援まで幅広く経験し独立。独立してからコンサルティング業務を中心にしつつ、自ら飲食店や広告代理店も経営し、ベンチャー役員参画、多様なコンテンツ開発を自社で行うなど多角的に活動。フリーランスの公認会計士の立場からお金のカラクリ侍としてYouTubeも開設している。
◆youtube:お金のカラクリ侍
https://www.youtube.com/channel/UCtzX17fZ0z-iwG4GXsfS84g/videos?view_as=subscriber

ページ先頭へ