国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

取り戻した「過払い金」に税金!? 利息部分があれば雑所得

過払い金発生は利息制限法を超える金利

過払い金が発生するには、まず利息制限法で決められた金利を超えていること。

具体的には、

・10万円未満の借入れ:20%まで

・10万円以上~100万円未満:18%まで

・100万円以上:15%まで

たとえば、過去に50万円借りていて、金利が25%だった場合なら、「18%まで」という利息制限法の金利を超えているため「違法な金利」=「過払い金」となる。

ただ、「そんな昔の金利は性格に覚えていない」という人がほとんど。そこで、弁護士や司法書士がサポートし、「カード会社の利用明細などを取り寄せ、金利が何%だったかを調べ、過払い金の返還を代行するサービスが誕生したのだ。

そもそも、クレジットカードを利用していれば、全員に過払い金が発生するかというとそうではない。過払い金が発生するためには、一定の条件が必要だ。

・キャッシングを利用

・完済してから10年以内

・違法な利息でキャッシングを利用

つまり、この3つに当てはまらない場合は過払い金が発生しない。

その他、銀行のカードローンや車のローンを支払っていたというケースでも、利息制限法内で貸し付けをしていたので、20年前であろうが30年前であろうが、過払い金が発生しないので、過払い金対象外だ。

1 2 3
ページ先頭へ