国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • キャリア・お仕事
  • 税理士法人Brothership代表 松原潤の経営コラム「離職がゼロに。人が辞めない会計事務所の5つの制度を大公開」

税理士法人Brothership代表 松原潤の経営コラム「離職がゼロに。人が辞めない会計事務所の5つの制度を大公開」

税理士法人ブラザシップの松原潤です。前回は、私たちがブラック寸前の会計事務所から改善できた理由についてお伝えしました。今回は、スタッフが長く働きたいと思えるような、安心安全な職場にするために取り入れている5つの制度についてお話しします。

会計事務所の代表としての心構え

まずは、トップとして私が心掛けている前提についてお話しします。

それは、スタッフに対して批判的ではなく常に支援的であるということです。ブラック寸前であった以前は「なぜ出来ないのか」、「なぜやると言ったのにやっていないのか」などと詰問に近い質問をしていました。しかし、今はそのようにスタッフを問いつめることはありません。

なぜ支援的になることができたのかというと、スタッフの目標未達成やミスなど思い通りに進まないことの責任は、全てトップの私にある、ということに気づいたからです。本人はその時の最善を尽くしているのです。私たちの事務所に、わざと手抜きをしているスタッフはいません。仮にいたとすれば、それは採用した私の責任です。本人がミスをした場合も、ミスをカバーする仕組みをつくっていない私の責任です。本人がずっと目標未達が続いていた場合も、出来るようになるための教育の仕組みをつくっていない私の責任なのです。

トップは最終的には成果を出さなければなりません。感情的になるよりも成果を出すためにはどうしたらよいかを考えたほうが確実に成功に近づきます。このシンプルな原理が腹落ちしたことで、今はスタッフの目標達成を支援し、業務の障害になっているものを取り除く意識を強く持っています。

とはいえ、人の意志は弱いので、力を抜くと他責の感情が起こります。それを防ぐためにやっていることについては、機会があればご紹介することとして、今回は私たちの事務所が取り入れている制度についてお話ししていきます。

1 2 3
ページ先頭へ