国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

ハンコって意味なくない?

菅政権が推し進める「脱ハンコ」。
誰もが薄々感じていたであろう「ハンコって意味なくない?」という心の声が急速に市民権を得たような印象だ。

菅政権が推し進めるデジタル化の一環で「脱ハンコ」が急速に進んでいる。

政府・与党は確定申告などの税務手続きでも押印の原則廃止を検討するそうで、2021年度の税制改正で検討するべく、年末にまとめる与党税制改正大綱に反映させるつもりらしい。

 

誰もが薄々感じていたであろう「ハンコって意味なくない?」という心の声が急速に市民権を得たような印象。

かくいう私も、100円ショップでハンコが買える「よくある苗字」なので、非常に便利な反面、押印の習慣に強烈な違和感を感じてきた一人だ。

 

意味のない押印がなくなりそうで良かった〜。

…と思う反面、漠然とした不安もある。

「なりすまし」問題とか大丈夫なのかな…。

急速なデジタル化に役所がついていけず、却って手続きが増えたり書類が増えたり面倒なことにならないかしら…。

でもまあ、その辺のことはちゃんと考えて進めるんだろう。

 

変革の過渡期には矛盾や無駄がつきもの。

かのe-Taxも、つい最近まで「申告書以外の添付書類は郵送で」という漫才のオチのような状態だった。

脱ハンコは、ベースとして歓迎すべき、然るべき改革だ。

前述の不安点をカバーしながら、確実に進めて欲しい。


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


 

著者: 川瀬かおり

記者/税金ライター

社会部を根城とする税金オタクの女性記者。財務省・国税庁を中心に取材活動を展開すること20余年。事件モノを得意とし、裁判所にも日参する。税金ネタをこよなく愛する一方で、税制の隙間や矛盾を見つけては叩きまくるサディスティックな一面も。趣味は夜討ち朝駆けとクラブ通い。

ページ先頭へ