国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

国税庁の「日本ワインファンサイト」

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、国内消費が大きく減少する酒類。そんな酒類の国内消費回復・拡大に向けたプロモーションを目的に立ち上げられた「日本ワインファンサイト」に注目したい。

国税庁の「日本ワインファンサイト」が素晴らしい。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、飲食店を中心に酒類の国内消費が大きく減少していることから、酒類の監督官庁である国税庁では酒類の国内消費回復・拡大に向けたプロモーションを積極的に展開しているところ。その一環としてこのほど立ち上げたのが「日本ワインファンサイト」だ。

同サイトには、国内に約300ほどあるワイナリー情報が掲載されていて、地域、ワインの種類(赤、白、スパークリング、フルーツワイン、その他)、価格帯での検索が可能。気になるワインがあれば、そのワインが飲める店や購入できる店をチェックできるほか、日本ワインに合うレシピやセミナー動画なども紹介されている。

そして個人的に注目したのが、ファンサイトのデザイン。トップ画面は和柄を背景にカラフルなボトルのイラストがずらりと並んでおり、その上に「日本ワインを飲もう!」というコピーと日本ワインファンサイトのお洒落なロゴマークがワインカラーであしらわれている。パッと見は国税庁の企画制作サイトとは思えないほどラフで華やかなイメージ。日本ワインをより身近に感じてもらおうという国税庁の意気込みが感じられる。

日本ワインファンサイトの公開にあたり国税庁では「ぜひご活用いただき、お好みのワインを見つけてみてください!」と広く呼びかけている。今後も沢山の情報を掲載していく予定とのことで、これからの同サイトの〝成長〟も楽しみだ。

日本ワインファンサイトはこちら↓

https://nihonwine-fun.nta.go.jp


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


 

著者: 川瀬かおり

記者/税金ライター

社会部を根城とする税金オタクの女性記者。財務省・国税庁を中心に取材活動を展開すること20余年。事件モノを得意とし、裁判所にも日参する。税金ネタをこよなく愛する一方で、税制の隙間や矛盾を見つけては叩きまくるサディスティックな一面も。趣味は夜討ち朝駆けとクラブ通い。

ページ先頭へ