国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

本当に必要? 個人事業主の会計ソフト導入

個人事業主やフリーランスの多くは、開業して仕事が回り始めるようになると、おカネの管理が煩雑になり、忙しさも重なり会計処理に手が回らなくなる。「そろそろ税理士に相談しなければ」と思っていても、毎月の報酬を考えると簡単に仕事を依頼できない。そんなときは、会計ソフトの導入を検討してみたい。

会計ソフトってなんだろう?

会計ソフトとは、一言でいうと会計情報を処理する業務ソフト。会計士や税理士として開業する方を除けば、これまで経理や会計の知識はほとんどないに等しい。会計ソフトを導入すれば、勘定科目を気にせず、集計表も決算書類なども作成することができる。
会計ソフトには、インストール型とクラウド型がある。

インストール型は、パソコンにインストールして使うもので、多くのものがイニシャルのコストとソフトのバージョンアップに費用が掛かり、ランニングコストは発生しない。

また、近年使用者が多くなってきているクラウド型のソフトは、インストールする必要がなく、インターネット環境があれば使用することができる。毎月のランニングコストはかかるものの、月額使用料は安価で、スマホからデータを確認することもできたり、金融機関のシステムと連携しているものもある。

どのタイミングで導入すべき?

個人事業主の中には、売り上げ規模が拡大したら、法人化を考えている「会社設立予備群」と、将来的にも個人事業主として働いていくパターンがある。

会社を設立しようと考えている個人事業主は、管理面からみて開業時から会計ソフトを使用していた方が良い。一方で、将来的にも個人事業主で活動していくのなら、1年目は売上状況と確定申告の状況を見極め、2年目以降、売上の見込み、確定申告に時間がかかることなどを総合的に勘案し、導入を検討するべきだ。

おススメの会計ソフト

近年、技術の進歩でクラウド会計ソフトを導入する個人事業主が多くいるため、インストール型のソフトウェア会社もクラウド型をリリースするなど力を入れている。
将来的に会社を設立し、事業を大きく展開していくのであれば、ガバナンスの観点からもインストール型の会計ソフト導入を検討してもよい。まずは、インストール型のソフトウェア会社がリリースしているクラウド版を使用し、タイミングを見てインストール型に変更するとデータの引継ぎがスムーズだ。

ここでは、代表的な会計システムを紹介する。
(インストール型)
・弥生の「弥生会計」
・ソリマチの「会計王」
・ミロク情報サービスの会計ソフトシリーズ など

(クラウド型)
・マネーフォワードの「MFクラウド」
・フリーの「freee」
・弥生の「弥生会計オンライン」 など

費用感はもちろんのこと、自身の業種の導入事例などを確認して選択すると間違いが少ない。

著者: 租税調査研究会事務局

一般社団法人租税調査研究会

難解な税務処理、複雑な税務調査を国税OB税理士がサポート。各税目のスペシャリストが最新の税務情報による審理、調査対応ノウハウを提供します。
■税と経営の顧問団租税調査研究会
http://zeimusoudan.biz/

ページ先頭へ