国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

【コラム】立憲・海江田議員 税理士試験の延期を要望  受験生からは「振り回さないで・・・」

2021年8月17日~8月19日に実施される令和3年度(第71回)税理士試験会場がさきごろ、国税庁から発表されたばかりだが、コロナ感染が拡大するなか、立憲民主党の海江田万里衆議院議員が税理士試験の延期を国税庁に申し入れ、SNSなどで話題になっている。海江田氏といえば、党最高顧問・税制調査会長を務める重鎮。試験直前の申し入れに、受験者からは賛否両論の声が上がっている。

立憲民主党の最高顧問・税制調査会会長を務める海江田万里衆議院議員がこのほど、国税庁に対して、あと数日に迫った第71回税理士試験の延期の申し入れをしたことが分かった。これは自身のFacebook,TwitterなどのSNSで明らかにしたもの。以下、8月2日Facebookの内容だ(原文のまま)。

『静岡県在住の税理士試験受験予定者から、「8月中旬に行われる試験の会場が東京になっている。ワクチンが普及するまで延期してほしい」とのメールをいただきました。昨年も同じような要望があったので、早速、国税庁の担当者に対し、試験延期の申し入れを行いました。しかし、今年も、この時期に税理士試験を実施する予定は変えないとのことでした。合わせて、会場での厳重な感染症対策を求めたところ、「感染拡大防止に最大限の配慮をする」との回答だけでした。先週末に政府が東京、沖縄の緊急事態宣言を延長し、あらたに1府3県を追加し、各知事も「都府県をまたぐ移動を控えるよう」要請をしているこの時期、税理士試験だけでなく公認会計士試験など各種の国家試験を行おうとしていること自体が大問題です。税理士試験の場合、全国の受験希望者約3万人が、11都道府県の19の会場で受験します。北海道、東京、埼玉、大阪、福岡、沖縄など、会場のほとんどは緊急事態宣言かまん延防止等重点措置発令中の地域です。政府は、「夏は帰省も諦めて、ステイホームをお願いする」と言いながら、同時に、「国家試験を実施するから都道府県をまたいで旅行してくれ」と要請しているのです。こんな矛盾した話はありません。本気で今度の緊急事態宣言を最後にしたいのなら、8月の国家試験は、全て延期すべきです。この当たり前のことがどうしてできないのか。怒りがこみ上げてきます』。

1 2
ページ先頭へ