国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

【IPO】市場再編による上場難易度への影響、上場維持基準が鍵になる

2022年4月に東証市場の再編が行われます。現行の「市場第一部、市場第二部、マザーズ及びJASDAQ(スタンダード・グロース)」の4つの市場区分から、「プライム市場・スタンダード市場・グロース市場」の3つの市場区分に変更となります。上場を目指す企業への影響の要点についてまとめます。

出典)株式会社東京証券取引所HPより引用

再編の理由

①各市場区分のコンセプトが曖昧であり、多くの投資者にとっての利便性が低い

現在の市場区分は、東証と大阪証券取引所が2013年に株式市場を統合した際に、上場会社や投資者に影響が出ないように、それぞれの市場構造を維持したことによるものであり、コンセプトをバランスよく区分分けしたものではありません。実際、東証一部はコンセプトが不明確であり、市場第二部・マザーズ・JASDAQの位置づけが重複しています。

②上場会社の持続的な企業価値向上の動機付けが十分にできていない

時価総額が新規上場基準の半分で足りたりする場合があるなど、新規上場基準よりも上場廃止基準が大幅に低いことから、上場後も新規上場時の水準を維持する動機付けになっていません。また、市場第一部に他の市場区分から移る際の基準が、市場第一部への新規上場基準よりも緩和されているため、上場後に積極的な企業価値向上を促す仕組みとなっていません。

1 2 3
ページ先頭へ