国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

果物嫌いのフルーツダイエット[動かないで痩せたかったダイエット失敗記その2]

確かに体重は減るけれど

最初のチャレンジでフルーツ自体に嫌気がさしてろくに食べなかったせいもあり、たしかに体重は顕著に落ちていました。そりゃ落ちます。体もスッキリした気はします。そりゃ空っぽですもの。ただ、翌日以降は普通の食事に戻していいということで、ここぞとばかり煎餅を食べまくった結果、1週間後には体重がほぼ戻っていました。
結局フルーツがどうも好きになれず(根本的すぎる問題)、3回ほどやって終了してしまいました。
3回だけのフルーツダイエットから学んだのは、バナナがおいしいということくらいでした。バナナは酸味がないので、他のフルーツと一線を画しています。かなり助けられた記憶があります。

フルーツ好きはいいのでは

フルーツが好きな人であれば、かなりやりやすいのかもしれません。わたしはそこまでフルーツが好きではなかったですし、普段も甘いものを食べないタイプだったので、かなり苦痛…その優しさがつらい、といった感じでした。根本的なミスチョイスだったと思います(笑)

ただし、フルーツ好きも忘れてはいけないのは、フルーツには「果糖」がたくさん含まれているということ。果糖は太りやすい糖質ですので、毎日フルーツを食べ続けるのはなかなか危ないかもしれません。メソッドにもあるように、やはり週に1回くらいにとどめておくべきかと思います。

そして、やはりお腹が減ってフラフラするし、酵素のせいなのかお腹がギリギリするしで、結構きつかったです。普通に働きながらやったので、やるならまずはお休みの日にチャレンジすることをおすすめします。

薄々感づく運動の重要性

ここにきて、やっぱり食事だけでダイエットをしようというのは無理があるのでは、と思い始めていました。しかし、会計人の皆さんと同様、デスクワーク中心の生活をしていたわたしです。もともと運動も全然しないですし、わざわざ運動する時間が取れない。もう少し食事でねばりたい…という気持ちが勝り、運動という言葉は見えないふりをして、再びインターネットでダイエット法を模索し始めるのでした。

(関連記事)タンパク質ダイエットが謎すぎる [動かないで痩せたかったダイエット失敗記その1]

著者: でれぱんだ

医療ライター/病の殿堂

数々の健康書の編集・ライティングを手がけるアラサー女子。得意分野は精神科系の疾患。その他、生活習慣病やダイエット系の知識・情報も豊富。取材するたびに「自分もこの病気では」と心配になり「病の殿堂」の異名をとる。

1 2
ページ先頭へ