国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

【メタボと脂質異常】善玉・悪玉…知っているようで知らない脂質異常のあれこれ

メタボリックシンドロームの判定項目のひとつ、脂質異常。中性脂肪値とHDLコレステロール値が判定項目になっています。「中性脂肪」「コレステロール」はよく聞く言葉ですが、体にはどんな影響があるのでしょうか。

脂質は体を作る重要な栄養素

脂質というとダイエットの敵、というイメージがありますが、適度な脂質は人間にとって不可欠です。脂質には大きく分けて4種類あります。中性脂肪、遊離脂肪酸はエネルギーの貯蓄・利用をする働きがあり、リン脂質、コレステロールは細胞膜を作るなど、体を構成する役割を持っています。

脂質異常症に関係するのは「コレステロール」「中性脂肪」

これらの脂質の中で、ポイントとなるのが「コレステロール」と「中性脂肪」です。

○コレステロール
コレステロールでよく言われるのが、「善玉」「悪玉」といったワードです。これらは、コレステロールの運び屋である「リポたんぱく」のことを指しています。善玉は「HDL」、悪玉は「LDL」というのが正式な名前です。
この善悪の基準は、仕事内容の違いです。HDL(善玉)は血中に余ったコレステロールを回収する役割があります。LDL(悪玉)は、コレステロールを全身に運ぶ働きをします。LDLがコレステロールを運搬すること自体は悪いことではありませんが、コレステロールが増えると、体内に大量にコレステロールをばらまいてしまうことが問題なのです。
健康診断のコレステロール値は、HDL、LDLに分かれています。善玉のHDLコレステロールは高いほうがよく、悪玉のLDLは低いほうがよい、この2つの数値はシーソーのような関係です。

○中性脂肪
中性脂肪は肥満につながる脂質です。また、中性脂肪はLDL(悪玉)コレステロールを増やし、HDL(善玉)コレステロールを減らしてしまいます。

脂質異常が続くとどうなるの?

脂質異常が続くと、コレステロールが血中に増えすぎてしまいます。コレステロールは血管の中に入り込み、こぶ(アテローム)を作ります。これが動脈硬化です。血液の通り道が狭くなって血流が悪化したり、こぶが破れて血栓ができ、血流を途絶えさせ、心疾患や脳梗塞など、命に関わる病気につながります。

1 2
ページ先頭へ