国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

【速報】平成28年度税理士試験 5科目合格者は756人に減少

国税庁は12月16日、平成28年度(第66回)税理士試験結果を発表した。それによると合格者数は過去10年をみたとき最も少ない756 人で、一部科目合格者を含む合格率は15.8%であった。

今年の税理士試験の5科目合格者数は過去10年をみたとき最も少ない756人で、昨年の合格者数835人より79人少なく、一部科目合格者を含む合格率は15.8%であった。
第66回税理士試験は、平成28年8月9日から平成28年8月11日に実施され、今年の申込者数は昨年より3101人減の4万4044人で、実際の受験者数もついに3万5589人まで減った。

一部科目合格者を含む合格率は前年度18.1%と比べ2.3ポイント減の15.8%であった。

合格者756人のうち、男性は564人(74.6%)、女性は192人(25.4%)。一部科目合格者4882人のうち、男性は3557人(72.9%)、女性は1325人(27.1%)であった。

一部科目合格者を含む合格率を試験地別にみると、最多は「東京都」19.9%、次いで「香川県」17.9%、「大阪府」17.4%の順に多かった。

※国税庁HPより引用し作成。(注)合計欄の括弧書は内書で女性数を示す。

また、学歴別にみると、最多は「大学卒」22.0%、次いで「高校・旧中卒」18.1%、「専門学校卒」13.7%、「短大・旧専卒」10.0%、「その他」は32.2%であった。

年代別に合格率をみると、合格率が高い順に25歳以下は26.5%、26~30歳までは17.3%、31~35歳が17.1%と続いた。合格者数でみていくと41歳以上が最も多く1212人、30~35歳が1184人、25歳以下が1178人と続いた。

※国税庁HPより引用。

次回、平成29年度(第67回)税理士試験は、平成29年8月8日~8月10日を予定している。

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

ページ先頭へ