自動車税の支払いでお得にポイントをゲットできるキャッシュレス決済サービスについて、紹介します(読了時間:約2.5分)。

普通車や大型バイクにかかる自動車税の支払い期限が、5月末に迫っています(一部では支払期限が6月までの自治体もあり)。

その自動車税ですが、以前は現金や口座振替のみでしか支払えませんでした。近年、いろいろな支払い方法が選べるようになっています。

以下が主な支払い方法です。

  1. 納付書で、金融機関やコンビニエンスストアで支払う
  2. 口座振替で支払う
  3. クレジットカードやデビットカードで支払う
  4. 電子マネーやQRコード決済などのキャッシュレス決済で支払う

お得な支払い方法はある?

この中でお得な支払い方法が、4のキャッシュレス決算です。

キャッシュレス決算で納税をすると、ポイントがもらえることがあります。

ただし以前は、多くのキャッシュレス決済で納税によるポイント還元がありましたが、たとえばau PAYでは、2023年4月1日以降自動車税の支払い自体はポイント還元対象外となってしまいました。

 

事前チャージの上支払いをすれば間接的なポイント還元が可能になることが多いです。

2024年5月の時点で、自動車税の支払いに関連し、ポイント還元となるキャッシュレス決済サービスの、主な3つをご紹介します。

  • 楽天ペイ

貯まっている楽天ポイントを楽天キャッシュにチャージし、自動車税の支払いに当てることができる。

  • d払い

ポイント還元はないものの、d払いにすることでポイント付与キャンペーンをやっていつこともある。

  • au PAY

au PAY GOLD カードでの支払いの場合(一括支払いのみ)は、1%のポイントが還元される。また「たぬきの抽選会」では、毎月5のつく日と8日の月4回開催されている対象日にau PAYで支払うと、もれなく1Pontaポイント、抽選で最大3,000Pontaポイントが還元される

 

また、キャッシュレス決済の利用は手数料がかかる場合もあります。

自治体や決済サービスによって異なりますが、手数料は一般的にはかかっても数百円程度です。

ただし、手数料のほうがポイント還元よりもかかってしまうこともあります。

 

バランスを考えて、お得な支払い方法を選びましょう。

まとめ

自動車を所有していれば、自動車税は毎年必ず支払わなければなりません。

キャッシュレス決済を利用することでお得に支払うことができます。

また最近は、「エコカー減税」もあります。

乗っているのが古い車の場合は、税額が増えることも少なくありませんので、最新のエコカーへの買い替えを検討してみるのもいいかもしれませんね。

【自動車税関連記事】

5月は自動車税の納付月…クルマにはどんな税金がかかる?

【コラム】13年超乗ると自動車税が高くなるのはナゼ!? 長く使うことはSDGsじゃないの・・・