自動車を所有していれば、ゴールデンウィークを過ぎるころに自動車税(自動車税種別割)の納税通知書が届く。自動車税の納付期限は、ほとんどの都道府県が5月31日で、これを過ぎると延滞税がかかる。それに、13年超クルマを乗り続けていると、自動車税が高くなる。何故なのか?愛車を大事に長期間乗っていると注意が必要だ。

自動車税は、トヨタ自動車が創業した1937年(昭和12年)に、揮発油およびアルコール混用法が公布され、揮発油税(ガソリン税)が創設されたことから始まる。そして、1940年に消費税の前のモノに掛かる税金として物品税法(物品税は1989年4月の消費税導入にともにはい廃止)が制定され、乗用車も課税対象に指定された。

現在、自動車税の標準税率は、自家用、事業用、特殊な用途(8ナンバー)等ごとに、総排気量・最大積載量等によって定められている。「1リットル以下」より500㏄刻みで段階的に課税額が高くなり、「1リットル超~1.5リットル以下」「1.5リットル超~2リットル以下」とアップし、最終的には「6リットル超」という区分になる。事業用や8ナンバー車(キャンピングカーを除く)は低額な税額だが、自家用は高額に設定。最高税額は自家用(6リッター超)の11万1千円/年で、新車登録から13年が経過した自動車は、おおむね15%の加重措置(2015年度以降)が設けられている。この場合、最高額で12万7650円/年を納付することになる。

各自治体では自動車税についてホームページなどで解説しており、東京都主税でも自動車税の減免措置など含め詳細に説明している。