国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

女性記者のひとりごと vol.5 税務署の「春」

お年頃の独身男女がひとつ屋根の下で長期間過ごせば、恋の花咲くこともある。事実、確定申告期間終了後の「打上げ」で意気投合しお付合いに発展して、数年後にめでたくゴールインというカップルは少なくないという。

確定申告シーズンが終わると、税務署にもようやく春が訪れる。
春といえば「恋の季節」だ。

私が取材で税務署を回っていた頃なのでもうずいぶん昔の話になるが、
当時、確定申告期間中の税務署は妙に華やかだった。
若い女性がわんさかいるのだ。
確定申告対応のために募集した非常勤職員、つまりアルバイトだ。
税務署のアルバイトの門戸は広く、性別や年齢は不問。
しかし、なぜかお年頃の女性が目立った。

一方、税務署にはお年頃の独身男性職員も多い。
彼らの中には、数ヶ月前からダイエットに励んだり、
散髪に行ったり、スーツを新調したりと、
入念に準備を整えて確定申告に臨む者もいるという。
大繁忙期に向けて気合いを入れている、ということなのかもしれないが、
必ずしもそれだけではなさそう。

お年頃の独身男女がひとつ屋根の下で長期間過ごせば、恋の花咲くこともある。
事実、確定申告期間終了後の「打上げ」で意気投合し
お付合いに発展して、数年後にめでたくゴールイン
というカップルは少なくないという。
今年も全国の税務署でアルバイトを募集したようだが
また多くのドラマが生まれたのかと思うと
「確定申告終了」のアナウンスもなんとなく微笑ましく思えてくる。

著者: 川瀬かおり

記者/税金ライター

社会部を根城とする税金オタクの女性記者。財務省・国税庁を中心に取材活動を展開すること20余年。事件モノを得意とし、裁判所にも日参する。税金ネタをこよなく愛する一方で、税制の隙間や矛盾を見つけては叩きまくるサディスティックな一面も。趣味は夜討ち朝駆けとクラブ通い。

ページ先頭へ