国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • キャリア・お仕事
  • 専業主婦からママ税理士へ 子育てしながら働く!ライフスタイル白書【7】:欲張りに生きること

専業主婦からママ税理士へ 子育てしながら働く!ライフスタイル白書【7】:欲張りに生きること

個人的には、今は出産しても仕事を続ける女性がほとんどのように感じていますが、みなさんはどうでしょうか。私は一度専業主婦になり、子どもの成長と共に少しずつ社会復帰しましたが、その過程で「ママ業も仕事も趣味も全部やりたい!」とどんどん欲張りになっていきました。今回は、「欲張りに生きること」について書いてみます。

大学院卒業後に、知人の税理士事務所で週3~4日、パートとして時短勤務を開始し、その後、次男が幼稚園年長になる年に思い切って税理士法人に正社員として転職しました。最初のパートも転職も家族の協力なしには難しいことでしたが、挑戦したい気持ちが大きかったのです。結果的には、税理士法人で税理士業務全般を学び、その途中で「実務経験2年」を満たし、晴れて税理士登録をしました。

税理士を目指そうと決めたとき、パートで働こうと決めたとき、正社員への転職を決めたとき、そして開業を決めたとき…。その都度、自分の意思で挑戦したわけですが、もちろん不安や葛藤もありました。「本当に自分にできるのだろうか」「家庭との両立は大丈夫だろうか」「うまくいかなかったらどうしよう」と。

このまま専業主婦でも、このままパートでも、今の職場のままでもいいのではないか…。

挑戦しない言い訳を作ろうと思えばいくらでもありました。挑戦はワクワクと同時に怖さも伴います。でも今ならはっきり言えます。挑戦なしにステップアップは不可能なのです。

私は専業主婦の母に育てられ、どちらかというと「謙虚が美しい」「密かに努力をする方がいい」「能ある鷹は爪を隠す」ことがいいと教わってきました。それなのに税理士を目指し始めたころから、どんどんそのような殻を破いていくようになりました。夢を語って人に伝えて、なりたいもの・欲しいものを公言し、手に入れたいものに欲張りになっていいのだと気づいたのです。そうしたら応援してくれる人は増えるし、同じ方向を見る仲間や導いてくれる先生や先輩と出会えるし、少しずつ夢は叶っていく。それはとても刺激のある楽しい人生になります。家族も大事、仕事も大事、友人や仲間たちとの付き合いも大切にしたいと欲張りになると、それがだんだん普通になってきて、できるようになっていくのです。

「税理士目指すママ」のオフ会での一コマ

ステップアップの「ステップ」が大きいほど、楽しみな気持ちは大きくなりますが、試練も大きくなります。試験と試練は違います。試験勉強で辛いこともありましたが、実務での試練はまた違う辛さ、怖さがあります。それは税理士に関わらずどんな仕事でもそうでしょう。私は試練をウェルカムと言えるほど人間ができていませんが、でも試練を乗り越えてこそ成長があり、少しずつ自信がつき、ステップアップできるのかなと実感しています。

今、あなたの心のどこかに「もしも夢が叶うなら、こうしたいな」ということはありますか?

「でも今はまだできないな」と躊躇する気持ちがあり、「怖いな」「自分なんかにはとても無理だ」と勝手に限界をつくっていませんか。

「こういう記事を書く人はきっともともとすごい人なんだろう」ともし思って(誤解して)いる方がいたらそれは違います。私はごく普通の主婦でしたし、今だってすごいものなんてないんです。ただ、人よりちょっと欲張りで、好奇心旺盛で、なんでもやりたくなってやってみて、うまくいかないことだっていくつもあったけど、いつだって挑戦してきたから、今があります。

まだまだこれからもたくさん叶えたい夢があるので、実現させていくつもりです。

もし「こうしたいな」「こうなりたいな」という気持ちがあるのなら、ぜひ挑戦しましょう。きっとうまくいくし、うまくいかなかったとしても全然恥ずかしいことではありません。

私の好きな言葉に

「失敗することではなく、低い目標をもつことが罪なのだ」

という言葉があります。失敗を恐れて低い目標で生きていくより、失敗を恐れず高い目標を持って、欲張りに生きたいと常々思っています。だってその方が絶対楽しいから。

今回は、少し抽象的でしたが「考え方」についてお話させていただきました。次回以降、「家事育児と仕事との両立」について、「パート編」「正社員編」「開業編」と具体的に綴っていきますね。

著者: 脇田弥輝

脇田弥輝税理士事務所/東亜大学大学院法学専攻非常勤講師

長男を出産後、会計・税法の知識ゼロから税理士を目指し、2013年税理士登録。税理士法人勤務を経て2016年脇田弥輝税理士事務所開業。「『外部の税理士の先生』ではなく、『内部の敏腕経理』と思って頂き、お客様とともに事業を成長させる」を理念とし顧問先と付き合う。著書に「ダンゼン得する知りたいことがパッとわかる 青色申告と経費・仕訳・節税がよくわかる本」(ソーテック社)がある。
■子育てママ~専業主婦から税理士☆合格体験&お仕事日記
http://ameblo.jp/zeirisi-ni-naru/

ページ先頭へ