国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

酒井克彦の「税金」についての公開雑談~TAX ANSERとはTAX ANSWERのこと?~

国税庁はホームページ上で、各税目ごとに納税者に向け「よくある税の質問」に対する回答を設けています。これは、「タックスアンサー」と呼ばれるシステムで、昨今では、「No.1525 仮想通貨交換業者から仮想通貨に代えて金銭の補償を受けた場合」などが公開され話題にもなりました。さて、今回はこの「タックスアンサー」に注目し、行政からの情報提供のあり方について考えてみましょう。

ANSERとANSWER

国税総合管理システムの一つであるタックスアンサーは、「TAX ANSER」と表記されています。正しいスペルによれば、本来「TAX ANSWER」とされるべきところではないでしょうか。

このように、「ANSER」の表記については、スペルの誤りであると思われそうですが、実は、これは、“Tax Automatic answer Network System for Electrical Request”の略であると説明されています。

しかしながら、国税庁のホームページのURLはwww.nta.go.jp/taxanswerとなっています。つまり、URLは「ANSWER」ですが、本来の名称は「ANSER」であるというのです。これは、どうもわかりづらいように思われます。
最近では、カタカナで「タックスアンサー」という表記に統一されているように見受けられますが、「ANSWER」か「ANSER」かという混乱を避けるためにそのようにしているのでしょうか。

BEPSの適切な和訳は?

これに似た話は、BEPS(Base Erosion and Profit Shifting)の翻訳にもみられます。

BEPSは一般的に「税源の浸食と利益移転」というように訳されています。
岩盤が削られて無くなっていく現象を「侵食」と表現するとおり、「侵」の字には、「侵略」のように相手を「侵す」(おかす)意味がありましょう。

これに対して、「浸」の字にはそのような意味はなく、サンズイが使われていることからも明らかなように、「浸す」(ひたす)という状況に応じて削り取られているというイメージが妥当します。要するに、水がしみ込んで物が無くなるといった様子が、「浸食」であると思われます。

「液体につける」という意味に限定する必要はないとしても、税金の源泉が侵されるという現象を表すのに、「浸食」は適当な用語といえるのでしょうか。
あるいは、BEPSは、税の源泉が「浸食」されていくというイメージが馴染むものということでしょうか。

この点に関しては、税源がじわじわと浸食するように失われていくという説明の仕方もできるでしょうし、侵食という強い語義感を有する概念を使用したくないという翻訳者である行政庁側の意思が働いたとみることもできなくはありません(*)。

「TAX ANSER」にしても、「税源浸食」にしても、本来の真意が伝わるか否かは、当局における情報提供次第であるといえます。凝った表現をすることでかえって予期せぬ混乱を招来してしまう可能性を考えると、凝った表現を使うことも考え物かもしれません。

(*)この点は、佐藤信祐公認会計士による2018年5月9日の中央大学経理研究所講演の内容から示唆を受けたものです。

著者: 酒井克彦

中央大学商学部教授 兼 法科大学院教授/法学博士

中央大学商学部教授。法学博士。現在、税務会計論・租税法などを担当。一般社団法人アコード租税総合研究所 所長、一般社団法人ファルクラム 代表理事。単著に『スタートアップ租税法〔第3版〕』、『クローズアップ保険税務』他5冊のアップシリーズ、『所得税法の論点研究』(財経詳報社)、『裁判例からみる所得税法』、『裁判例からみる法人税法〔2訂版〕』(大蔵財務協会)、『レクチャー租税法解釈入門』(弘文堂)、『プログレッシブ税務会計論Ⅰ、Ⅱ』(中央経済社)、『アクセス税務通達の読み方』(第一法規)など。その他、論文多数。
■一般社団法人アコード租税総合研究所
http://accordtax.net/
■一般社団法人ファルクラム(FULCRUM)
http://fulcrumtax.net/

ページ先頭へ