国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

酒井克彦の記事一覧

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~新築か改築か・全部改正か廃止制定か~

    2020.01.16

    言葉の使い方やイメージは人それぞれですから、同じ日本語であっても誰もが同じ意味合いで使用しているとは限りません。さて、皆さんは「改築」と聞くとどのようなイメージを持たれるでしょうか?「新築」や「増築」といった類似の言葉との使い分けをどのように説明されるでしょうか?今回は住宅ローン控除の事例を取り上げます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~コンドッティ通りの水道管~

    2019.12.26

    ローマに、コンドッティ通り(Via dei Condotti)という有名な通りがあります。
    コンドッティ通りをはじめとするスペイン広場界隈は、世界的に有名なブランドが連なり、高級感が漂います。
    今回は、「コンドッティ」の上に立ち、租税法を眺めてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~オオカミが来たぞ!~

    2019.12.12

    有名なイソップ寓話の一つに「オオカミ少年」があります。「嘘をつく子供」とか「羊飼いと狼」ともいうようです。嘘をつきすぎて大人に信じてもらえなくなったオオカミ少年と、近時の消費税増税を照らし合わせてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~水野忠邦の倹約令と交際費課税制度~

    2019.11.28

    財政健全化論者として名高い水野忠邦は、天保12年(1841年)に、天保の改革を断行しました。まず、水野は幕府各所に綱紀粛正と奢侈の禁止を命じるところから改革をスタートします。同改革は江戸市中において、贅沢や奢侈的なものを禁止するものです。節約を厳格に徹底する方針は、我が国の政府施策としてしばしば登場します。今回は、「冗費」「濫費」の節約について考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~芸術家の慧眼~

    2019.11.14

    酒や御馳走を振舞うことを「饗応」といったりします。また、そうした席は「饗宴」と呼ばれ、古今東西、多くの者が饗宴を楽しんできたことでしょう。饗応や饗宴が、多くの文学作品や名画に表現されていることからも分かるように、芸術家の創作意欲にも多大な影響を与えるのではないでしょうか。今回は「饗応」にスポットを当ててみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~フェルメールとアンティグア・バーブーダ~

    2019.10.24

    報道によると、美術品取引をめぐり法人税約1億3,000万円を脱税したとして、名古屋国税局が法人税法違反の疑いで、美術品売買会社やその元社長を名古屋地検にそれぞれ告発したそうです。今回は、しばしば租税事件で話題となる名画と租税についてみてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~カンボジア・ポイペトにおけるプロモーションチップ~

    2019.10.10

    カンボジアにあるタイ国境の街ポイペトはまるでレジャーランドであるといわれることがあります。なぜなら、いくつものカジノホテルが建ち並び、お金持ちのタイ人が国境を越えて遊びに来るからのようです。今回はそうしたカジノで利用するチップに注目してみます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~山岳遭難救助のあり方~

    2019.09.26

    日本山岳救助機構合同会社(JRO: Japan Rescue Organization)が提示する「再考されつつある山岳遭難救助のあり方」は、山岳遭難救助にかかる費用を誰が負担すべきなのかという点についての示唆を与えてくれます。今回は租税負担の観点から、かかる費用を考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~煽り運転と租税~

    2019.09.12

    ここ最近「煽り運転」という言葉を度々耳にします。つい先日には、高速道路で運転手が殴られるといった事件が発生しましたが、何度も運転手を殴打するドライブレコーダーの映像は、ショッキングなものだったと思います。さて、今回は法令遵守の精神を考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~グルリット事件~

    2019.08.22

    1933年から45年にかけて、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は60万点にものぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明になっているといわれています(ドキュメンタリー映画『HITLER VERSU PICASSO AND THE OTHERS』〔クラウディオ・ポリ監督〕上映公開パンフレットより)。今回は、その略奪芸術が租税事件として登場した事案を見てみましょう。

ページ先頭へ