国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

酒井克彦の記事一覧

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~新型コロナウイルス感染症予防と医療費控除~

    2020.05.21

    新型コロナウイルス感染症拡大やウイルス蔓延防止の観点から、私たちの日常生活は大きく変わってしまいました。当初は、「マスクなどしない」と豪語していた自民党の古参議員もいましたが、いまやマスクなしに散歩や買い物といった外出を考えることはできない状況になったというべきでしょう。
    さて、今回はマスクの購入費用が、所得税法上の医療費控除の対象となるかを考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~沖縄県における赤化と白化~

    2020.05.07

    一般的に紅白はおめでたい色合わせです。しかし、沖縄県は、「赤化」と「白化」という大きな環境問題を抱えているといいます。今回は沖縄で喫緊の課題となっているこれらの環境問題から、「地球温暖化対策のための税」を考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~事業承継税制にみる家督相続的色彩~

    2020.04.23

    我が国においては、かつて家督相続制度が存在し、長男が家督を継ぐのが当たり前という時代がありました。戦後民法が改正され、法律上は、今でこそ家督相続制度は残っておりませんが、租税特別措置法における事業承継税制にそうした色彩を感じます。今回はその点をご説明したいと思います。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~「二号さん」という呼称~

    2020.04.09

    最高裁平成7年7月5日大法廷決定(民集49巻7号1789頁)は、民法上、父親が死亡した際の嫡出子と非嫡出子の相続分に差があることについては合憲としていましたが、最高裁平成25年9月4日大法廷判決(民集67巻6号1320頁)は、当該規定について法の下の平等を定めた憲法14条1項に遅くとも平成13年7月の時点では反するに至っていたとして、違憲判断を下しました。これは、いわゆる妾の子に関する法律問題です。今回はこの「妾」に着目してみます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~レディ・ゴダイバとチョコレートのゴディバ~

    2020.03.26

    令和2年1月、イギリスのロックバンド、クイーン(Queen)が来日し、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。ボーカルのフレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)亡き後ではありながらも、アダム・ランバート(Adam Lambert)によるボーカルは素晴らしく、筆者も感動しました。さて、今回はクイーンの名曲に登場する、税を巡る欧米の有名な故事をご紹介します。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~映画「男はつらいよ〔寅次郎恋やつれ〕」でのタコ社長の「税金やつれ」~

    2020.03.12

    主人公の渥美清亡き後、山田洋次監督の人気シリーズ『男はつらいよ』は終わりを迎えたと思ってたところに、第50作「お帰り寅さん」が公開され、筆者を含め、多くの寅次郎ファンを喜ばせています。同シリーズでは、しばしば「税務署」という言葉が顔を出すのですが、今回はその辺りにスポットを当ててみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~ヤフーオークションと期限直前申告~

    2020.02.27

    近時は、使用しなくなった家具や、書籍といった日常品を、「メルカリ」や「ヤフーオークション」といった中古販売専用のネットオークションサービスを使って、売却する向きが多くなっているといいます。さて、今回は、ネットオークションに着目しながら、令和2年度与党税制改正大綱における提案の1つを考えます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~ハンナ・アーレントとアイヒマン~

    2020.02.13

    ナチス政権下のドイツの親衛隊将校であったアドルフ・オットー・アイヒマン(Adolf Otto Eichmann)は、ゲシュタポのユダヤ人移送局長官で、アウシュヴィッツ強制収容所へのユダヤ人大量移送に関わり、数百万の人々を強制収容所へ移送において指揮的役割を担ったことで悪名高い人物です。もっとも、アイヒマンが、ナチス政権における法律を遵守した人物であると捉えれば、異なる見方ができなくもありません。今回は法律とその適用について考えます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~本みりんとみりん風調味料~

    2020.01.30

    「本物か、それとも、本物を似せたものか」という議論はよくありますが、その際、後者には「風(ふう)」がつけられることがよくあります。消費税における軽減税率の問題が論じられる際、「本みりん」と「みりん風調味料」の例が出されることがありますが、今回はそうした「風」にスポットを当ててみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~新築か改築か・全部改正か廃止制定か~

    2020.01.16

    言葉の使い方やイメージは人それぞれですから、同じ日本語であっても誰もが同じ意味合いで使用しているとは限りません。さて、皆さんは「改築」と聞くとどのようなイメージを持たれるでしょうか?「新築」や「増築」といった類似の言葉との使い分けをどのように説明されるでしょうか?今回は住宅ローン控除の事例を取り上げます。

ページ先頭へ