国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

酒井克彦の記事一覧

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~「惣」とは何か?~

    2021.09.09

    奥多摩地方の奥多摩三山の一つ御前山に連なる山や「高水三山」と呼ばれる連山の一つに「惣岳山」という山があります。前者については、尾根づたいに歩きやすい山ですし、後者については「高水山」、「岩茸石山」とあわせそれほど標高が高い山ではないことから、いずれも初級者も楽しめる縦走登山コースとして人気です。さて、今回は「惣岳山」にいうところの「惣」とは何かを考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~戒石銘を読む~

    2021.08.26

    令和3年8月23日、役所の規制などに関する苦情や提案をホームページで募る「規制改革・行政改革ホットライン(縦割り110番)」の受付けが再開されました。河野太郎行政改革担当大臣主導の下、約9か月ぶりに再開するとあって再び注目を集めるところですが、ときとしてみせる河野大臣の強気な改革姿勢には、行政庁内部から不満の声が上がることもしばしばです。行政改革には「産みの苦しみ」が付き物ですが、今回は、江戸時代は二本松藩の藩政改革から知見を得てみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~宮島訪問税~

    2021.08.12

    令和3年7月21日、総務省は、嚴島神社で有名な宮島(広島県廿日市市)を訪れる観光客などに課税する「宮島訪問税」の創設に同意すると発表しました(同日付け日本経済新聞デジタル版「総務省『宮島訪問税』創設に同意 23年度に徴収開始」)。観光客に課する法定外目的税としては、例えば京都市や金沢市の宿泊税などが有名ですが、今回はそうした観光に関する税に目を向けてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~租税法概念の理解と自然科学~

    2021.07.22

    上野動物公園のパンダに子供が生まれました。ただでさえパンダの雌が妊娠できる状態にあるのは1年間にわずか2日しかないという難しいタイミングの中、双子ということもあって大変注目を集める明るいニュースです。さて、今日、「パンダ」と言えば白黒模様でお馴染みの「ジャイアントパンダ」を指しますが、かつて「パンダ」とは「レッサーパンダ」のことを意味していたことをご存知の方も多いでしょう。今回はこうした自然科学上の概念と租税法の交差点を考えます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~熊は害獣か?~

    2021.07.09

    令和3年6月18日(金)早朝、札幌市内に熊が出没し、住宅街を動き回った後、自衛隊丘珠駐屯地(同市東区)や隣接する丘珠空港の滑走路に侵入しました。自衛隊員1人を含む4人が襲われ、1人が重傷を負っています。熊は愛らしいキャラクターとして描かれることも多い反面、被害に遭われた方からすれば「害獣」以外何物でもないでしょう。さて、今回は「熊」による被害を考えます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~AIによる美術品評価~

    2021.06.10

    先日、アルゴリズムにより唯一無二の絵を生み出すロボット「Ai-Da」の描く自画像が、ロンドンの美術館、デザイン・ミュージアムで展示される運びとなったと英・ガーディアン紙が報じています(2021年5月18日付けThe Guardian WEB版)。長い間、芸術とは人間の文化的営みであり、それを表現することはロボットには不可能であるとされてきましたが、ついに芸術分野にもAIが進出してきたということでしょう。今回は、AIと芸術に注目してみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~トッカン工事~

    2021.05.27

    先日、ある新聞の見出しに、「『無策のツケが国民に』、感染再拡大で『突貫工事』、コロナ関連法改正案の焦点」(毎日新聞令和3年1月22日配信デジタル版)というものがありました。「突貫工事」と聞くとマイナスのイメージを抱くところですが、今回は「突貫」という言葉を考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~山田太郎さんと「滞納太郎」~

    2021.05.18

    皆さんは「山田太郎」さんと聞けば、誰を思い浮かべるでしょうか?参議院議員、歌手、評論家など、少し考えるだけでも著名人が数名思い浮かびますが、スポーツ漫画の主人公を思い出す方もいるでしょう。もっとも、こうした固有名詞とは別に、申告書や申請書などの書き方を説明する見本例にも、よく「山田太郎」という名称が使われることがあります。今回は、そうした山田太郎さんに注目します。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~徳を積む~

    2021.04.22

    「徳を積む」という言葉があります。これは、仏教の教えに由来する慣用表現の一つですが、「積む」という言い方からすれば、何か「徳」というものが少しずつ積み上がっていく、英語でいえば「pile」されていくようなイメージがあるかもしれません。もし「徳」が、物質的に積み上がっていくものであるとすれば、「徳」の資産該当性を論じることもあながち的外れではないように思われますが、今回はヒューマンキャピタル論と関連付けてこの辺りを考えてみたいと思います。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談 無戸籍と課税~佐渡金山の無宿人の納税義務~

    2021.04.08

    離婚した夫婦の子が出生届を出されずに「無戸籍者」になる問題については、近時の国会でも取り上げられ、法務省もその対応を検討してきました。この点、法制審議会(民法(親子法制)部会)は、民法の嫡出推定規定(民法772②)による、いわゆる「離婚後300日問題」がその一因であるとして、その見直しを議論してきました。本年(令和3年)2月9日、同部会は、民法の嫡出推定規定に例外を設けるなどの法改正の中間試案をとりまとめ、明治時代から続く嫡出推定規定の見直しの具体化が進展するものと思われます。今回は、こうした無戸籍問題と納税を考えてみましょう。

ページ先頭へ