国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

個人事業主の記事一覧

  • 確定申告 2月24日と3月3日のみ休日開庁

    2019.02.22

    国税庁は、確定申告期間中に限り一部の税務署において日曜日も開庁する。平日に時間をとることができない人は是非とも利用したい。ただ、すべての税務署が開庁しているわけではないため、予め確認しておく必要がある。万が一にも期限後申告となってしまわぬよう余裕をもった早めの申告を心がけたい。

  • どうやって行われるの? 個人事業主の税務調査

    2018.04.02

    起業すれば、誰にでも訪れる可能性がある「税務調査」。税務調査は、法人だけにくるものではない。税務署の組織には「個人課税部門」というセクションがあり、事業者から提出された確定申告書の内容についてチェックを行い、税務調査に訪問すべき個人事業主を選定している。そこで今回は、個人事業主の税務調査について注意すべき点を解説する。

  • いまさら聞けない! 不動産投資の節税効果

    2018.03.26

    サラリーマンや事業が上手くいっている個人事業主に、節税を行いながら可処分所得を増やす手段として注目されている「不動産投資」。不動産投資はその収支に対して株式などの金融商品とは違った税制が適用されることから、節税できるのだ。そこで今回は、不動産投資の節税効果について検証したい。

  • 確定申告 日曜開庁は2月18日と25日のみ

    2018.02.02

    確定申告期間中に限り一部の税務署は日曜日も開庁する。平日に時間をとることができない人はぜひとも利用したいものだ。ただ、すべての税務署が開庁しているわけではない。確定申告の準備が終わった人もこれからの人も、日曜開庁する税務署をチェックしておこう。

  • 初めての開業~最初に行っておくべき3つのこと~

    2017.12.04

    新たに法人を設立する場合には登記が必要となり、さまざまな決定事項や、手続きを経る必要がある。一方で、個人事業主での開業の場合、そういった過程を経る必要がないため、自分がはじめようと思えば、法的手続きなしにはじめることも可能だ。
    しかし、個人事業主であっても、開業時にぜひ行ってほしいことがいくつかある。そこで今回は、開業時にしてほしいことについて解説していきたい。

  • 正しく経費を使えていますか? 所得別に必要経費の税務を解説!

    2017.11.13

    確定申告をする際、必要経費として計上できるものを計上しないと、せっかくの節税チャンスを、みすみす見逃してしまうことになる。むしろ、節税できていないというよりは「本来払わなくてよい税金を、わざわざ払うはめになる」というほうが正しいだろう。必要経費として認められるものを計上しなかったとしても、税務署は、指摘してくれない。そこで今回は、見落としがちな必要経費を所得区分別に紹介したい。

  • 年商300万円・500万円・1千万円! 何にいくら税金がかかるの?

    2017.09.11

    個人事業主の税金が、どのような仕組みになっているかご存じだろうか?「よく分からない」という方は、サラリーマンとの違いを意識することからはじめてみてほしい。

  • 税理士に頼む? 自分でする? 確定申告を依頼するメリット

    2017.09.04

    自営業をはじめてまず悩むのが、税理士を頼むかどうか。今回は、税理士を頼むメリットについて考えてみたい。

  • 個人事業主・フリーランスのための 税金・会計Q&A ⑤:自営業者が収入金額とすべき自家消費について

    2017.08.21

    自営業者の事業所得の計算はまず「収入金額」をきちんと把握することが大切です。今回は、自営業を営む人が収入金額として認識すべき、いわゆる、「自家消費」について紹介します。

  • 白色申告じゃもったいない! 青色申告のメリットとは?

    2017.07.31

    今回は青色申告のメリットについて紹介します。

ページ先頭へ