国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

個人事業主の記事一覧

  • 持続化給付金の確定申告書はどう書くべき?所得区分ごとに解説

    2021.03.09

    「昨年コロナでもらった持続化給付金を確定申告書にどう書いたらいいか、分からない」という相談が個人事業主の方から多く寄せられます。今回、国や地方自治体からもらったお金があるときの確定申告の仕方についてお伝えします。

  • 緊急事態宣言の影響を受けた中小法人・個人事業主を対象とした一時支援金について

    2021.02.24

    2021年1月から、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため緊急事態宣言が再度発出されておりますが、その影響で売上が減少した中小法人や個人事業主に対して、一時支援金が給付されます。中小法人は60万円、個人事業主は30万円(いずれも上限額)の支援金となっています。その対象者や手続きについて、現在分かっている情報をお伝えします。

  • 減価償却とは?個人事業主の確定申告向けに考え方や計算方法をおさらい

    2021.02.16

    減価償却は、店舗や小売などの設備を持つ個人事業主の確定申告の関門の一つです。「考え方が分かりにくい」という声も。今回は減価償却の考え方や計算の流れ、青色申告・白色申告それぞれの償却方法についてお伝えします。

  • 2021年版個人事業主の確定申告 不動産収入がある場合

    2021.02.05

    不動産を所有し、そこから利益を得ている場合は、不動産所得の申告が必要になります。不動産収入も青色申告と白色申告とがあり、さらに「事業規模」の判定次第で青色申告控除の金額が変わってきます。今年初めて個人事業主として不動産所得の確定申告を行う人向けの、基本的事項の説明を以下で行います。

  • 小規模事業者が活用しやすい融資制度「マル経融資」

    2021.02.01

    小規模な企業や個人事業主などが金融機関から借入をしようという時、どのように話を進めていけばよいか難しく感じるかもしれません。また、融資を受けるにあたって、今後の経営についての相談をしたいというニーズもあります。そのようなときに活用できる「マル経融資」についてご紹介します。

  • 2020年赤字だった個人事業主 所得税の確定申告はした方が良い?

    2021.02.01

    税の納付がある人には、確定申告の申告義務があります。一方、所得があっても控除額以下だったまたは赤字だった人は、申告義務はありません。義務がないなら申告しないで済んだ方が手間が少なくて良いという気持ちになりますが、申告をしておいた方がメリットが生まれる場面も多々あります。赤字での確定申告とは何か、何がメリットで何がデメリットなのかを解説します。

  • 2021年版個人事業主が青色で確定申告 書類の書き方講座

    2021.02.01

    今年も2/16(火)から3/15(月)の間、確定申告期間が始まります。青色申告申請書を提出し青色申告を選択した人は、確定申告のためのラストスパートとなります。
    青色申告者の場合1年目で所得がほとんどなかった人でも、赤字なら申告することで来年に繰り越せるので、決算書の書き方はよく確認しておくようにしましょう。

  • 家内労働者等の確定申告 確定申告書類の書き方講座

    2021.01.28

    継続して特定の取引先からの仕事のみを受けているような人(家内労働者等)は、大きな経費が発生しないことがほとんどです。給与所得者でも、所得から「給与所得控除」が差し引かれるのに対して、こういった人は所得から差し引けるものがなくそのまま税金が掛かってきてしまい、不公平となります。そこで、経費相当分ということで特例として55万円の所得控除が認められています。なお、家内労働者等も確定申告は行う必要があります。ここでは家内労働者の確定申告の方法について解説します。

  • 2021年版個人事業主が白色で確定申告 書類の書き方講座

    2021.01.27

    開業届を出し独立開業した個人事業主で、青色申告書を提出しなかった人は白色申告を行うことになります。確定申告で白色申告するには、「確定申告書」と「収支内訳書」を提出する必要があります。ここでは、白色申告を行う人が提出すべき書類の書き方についてお伝えします。

  • 独立開業した個人事業主 青色申告、白色申告どちらを選ぶ?

    2021.01.26

    フリーランスになるなど、独立開業し個人事業主になると、確定申告を行い自分で税金を納める必要があります。その際、「青色申告」と「白色申告」のどちらを選ぶかで納めるべき税金の額が変わってきます。聞いたことはあるけど自分はどっちを選べばいいの? 違いは何? 申告書はどうやって書くの? といった基本的なことについて解説します。(2021年1月27日追記)

ページ先頭へ