国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金の低感染リスク型ビジネス枠について

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者に対して、ポストコロナの状況に対応した新たなビジネスなどについて補助金の特別枠が設けられます。ものづくり補助金や小規模事業者持続化補助金に設けられる低感染リスク型ビジネス枠について説明します。

■ものづくり補助金の低感染リスク型ビジネス枠

ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)に「低感染リスク型ビジネス枠」が設けられています。これは、新型コロナウイルスの感染拡大およびポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に向けた投資が対象とされています。低感染リスク型ビジネス枠では、補助率の引き上げや補助対象経費の拡大がなされます。

○低感染リスク型ビジネス枠の対象

低感染リスク型ビジネス枠は、次のいずれかの要件に合致する投資が対象となります。

  • ①物理的な対人接触を減じることに資する革新的な製品・サービスの開発
  • ②物理的な対人接触を減じる製品・システムを導入した生産プロセス・サービス提供方法の改善
  • ③ウィズコロナ、ポストコロナに対応したビジネスモデルへの抜本的な転換に係る設備・システム投資

ものづくり補助金の公募要領には、次のような例が挙げられています。

①の例

・AI・IoT等の技術を活用した遠隔操作や自動制御等の機能を有する製品開発、オンラインビジネスへの転換

②の例

  • ・ロボットシステムの導入によるプロセス改善
  • ・複数の店舗や施設に遠隔でサービスを提供するオペレーションセンターの構築

③については、ビジネスモデルの転換に対する投資が対象であり、キャッシュレス端末、自動精算機、空調設備、検温機器などは原則として対象にならないとされています。

○低感染リスク型ビジネス枠の補助金額、補助率、補助対象経費

・補助金額

100万円~1千万円

(通常のものづくり補助金と補助金額は同様です)

・補助率

2/3

(通常のものづくり補助金は、中小企業: 1/2、小規模企業事業者:2/3となっています)

・補助対象経費

機械装置の購入やシステム開発の費用に加えて、広告宣伝費や販売促進費も対象となります。

また、低感染リスク型ビジネス枠で申請して不採択となった場合でも、通常枠で再審査されます。ただし、通常枠で採択された場合は、通常枠の補助率等が適用されることになります。

参考:ものづくり・商業・サービス補助金に新型コロナウイルス対応の「低感染リスク型ビジネス枠」を創設(中小企業基盤整備機構)

https://seisansei.smrj.go.jp/pdf/news_210106.pdf

ものづくり補助金の次回申請受付は、2021年4月15日~5月13日となっています。この締切後でも、複数回の締切を設けて申請の受付がなされる予定です。

1 2
ページ先頭へ