そろそろ確定申告のシーズンです。「実際に手をつけるのは年明けから」と考えていませんか?実は年明けからでは遅いのです。今回、その理由と注意点を書きました。個人事業主や副業している方、医療費控除やふるさと納税で確定申告を考えている方、必見です。

■「確定申告、年明けから」が遅すぎる理由

確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの所得額と控除額を計算し、最終的な納税額を含めて税務署に申告する作業です。翌年の3月15日が申告と納税の期限となります。「まだ先だから大丈夫」と先延ばししている人は、次の2つを意識しているでしょうか。うっかりすると、痛い目に遭うかもしれません

  • ●申告期間は意外と短い

確定申告の期間は長いようで、実は短いものです。原則、翌年2月16日から3月15日までの1か月間しかありません。「期限は3月15日だから‥」と2月下旬や3月上旬に着手すると、間に合わなくなる可能性があります。

なお、申告義務がなく、単に「納め過ぎた税金の還付を受けるため」の申告なら、翌年1月1日から5年間、申告できます。「余裕があるから大丈夫」と言いたいところですが、これも注意があります(後で詳述)。

  • ●期限間際は殺気立つ

申告期限間際の税務署は「戦場」です。確定申告会場は長蛇の列ができます。電話相談も、なかなかつながりません。e-taxも混雑しすぎてエラーになったりします。3月15日間際の申告は、思わぬ出来事で時間をロスするかもしれないのです。

こういったことを踏まえると、2月16日から3月15日の間は「申告だけで済む」状態にしておいた方が無難です。そして、準備は早めにやっておくに越したことはありません。