国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

酒井克彦の「税金」についての公開雑談~深川渡しと信義誠実の原則~

租税法における信義則の適用

このように、個別規定を形式的に適用すると妥当な結果を得られない場合に修正し得るとする信義則の機能は、あたかも法人税法132条の2《組織再編に係る行為計算の否認》を包括的否認規定と認定したいわゆるヤフー事件(最高裁平成28年2月29日第一小法廷判決・民集70巻2号242頁)にも通じるものです。同事件では、組織再編税制上の個別規定を充足する行為であっても、それが合理的でなく不自然である場合には制度の濫用に当たるとして、包括的否認規定により、否認し得るとされました。

このように信義則には、法の欠陥を修正したり補ったりする機能があるといわれており、実定法の規定の尽きたところで、時には法創造的機能を発揮することが予定されています。租税法律主義の要請の下、こうした信義則の適用が租税法においても認められ得るか否かについては議論のあるところです。

信義則の適用というと、とかく税務職員によるいわゆる誤指導を信頼した納税者の救済問題に焦点が当てられますが、「深川渡し」のような私人間の現実的な紛争解決を模索するための法理でもあるわけです。このような性質を考えると、信義則を租税法律関係に持ち込めるか否かという問題には、また、違ったものが見えてきます。

著者: 酒井克彦

中央大学法科大学院教授/法学博士

中央大学法科大学院教授。法学博士。現在、税務会計論・租税法などを担当。一般社団法人アコード租税総合研究所 所長、一般社団法人ファルクラム 代表理事。単著に『スタートアップ租税法〔第4版〕』、『クローズアップ保険税務』、『クローズアップ事業承継税制』他5冊のアップシリーズ、『所得税法の論点研究』(財経詳報社)、『裁判例からみる所得税法〔二訂版〕』、『裁判例からみる法人税法〔三訂版〕』、『裁判例からみる税務調査』、『裁判例からみる保険税務』(大蔵財務協会)、『レクチャー租税法解釈入門』(弘文堂)、『プログレッシブ税務会計論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ』(中央経済社)、『アクセス税務通達の読み方』(第一法規)、『キャッチアップ改正相続法の税務』、『キャッチアップ外国人労働者の税務』、『キャッチアップ保険の税務』(ぎょうせい)など。その他、論文多数。
■一般社団法人アコード租税総合研究所
http://accordtax.net/
■一般社団法人ファルクラム(FULCRUM)
http://fulcrumtax.net/

1 2
ページ先頭へ