国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

会計士 中村亨の「経営の羅針盤」第15回-苦境に勝つ!勝ち組経営者の「習慣」とは

テレワーク、ステイホーム、アルコール消毒、アクリル板を挟んだ食事。
withコロナがもたらした新しい生活習慣は、もはや普通のこと、毎日の習慣になってきましたね。
さて、この「習慣」というのは厄介なもので、良くも悪くも未来の自分を大きく左右します。
私たちが毎日やっていること・毎日考えていることからしか、未来の経営やキャリアの構築は生み出せませんので、言っちゃあ当たり前のことですかね。
ビジネスに目を向けると、新型コロナウイルス感染拡大は経営習慣を大きく変えました。
今回のコラムでは「習慣」を軸に、お勧めの書籍を紹介しながら経営について考えてみます。

経営習慣を大きく変えた「コロナ・ショック」

コロナが景気に及ぼした影響はまだ図り知れませんが、少なくともコロナは経営環境には大変革をもたらしました。

身近な例はテレワークでしょう。

エイベックスや電通など大手企業が自社ビル売却の動きを取ったのも、テレワークの普及で自社ビルの必要性が薄れたことが大きな理由と言われています。

その他、夜間にお店を開けなくなった飲食店がランチ営業に乗り出す、テイクアウトやデリバリーを始める、朝ラーメンや朝焼肉なんていうのも生まれました。

このように、苦境の中で経営者に求められるのは、これまでのやり方に固執しない姿勢でしょう。

できない理由よりも、やる方法

出社する必要性がなくなったのなら、オフィスを縮小する。商品が売れないなら売り方(売る場所・売る時間)を変える。これまで毎日行うことで習慣になっていた「経営の仕方」を柔軟に変えていく企業が多く見られたのはコロナ・ショックの特徴かもしれません。

ですが、そもそもコロナがなくても後継者不足・労働人口不足・人口減少で需要減少、と「大廃業時代」と言われている時代です。できない理由よりもやる方法を模索して、残存者利益の確保を目指していただきたいと思います。

※「残存者利益」については、ちょうど1年前のコラムで触れています。中小企業にとっての現実的な事業や戦略の再構築の考え方、ぜひご参考ください。

会計士 中村亨の「経営の羅針盤」第3回-大廃業時代のススメ「事業や戦略の再構築①」

さて、大きく変わった経営習慣もあれば、経営の礎となるような「勝ちパターン」、変わらない経営習慣もあります。それが良く理解できる良書をご紹介したいと思います。

1 2 3
ページ先頭へ