国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

脱税や不正会計はどうやってバレる? リークするのは「恨み」を買ったあの人かも

税務署は脱税や不正会計をどのように嗅ぎつけているのでしょう。不自然な領収書の存在やネット上に流れる噂など、さまざまな糸口があるようですが、関係者からのリーク(タレコミ)も重要な情報源となっています。関係者といっても、会社や経営者と利害が一致している人が、わざわざ自分にも不利益が生じることをするわけはありません。情報提供者は主に経営者に「恨み」や「妬み」を抱いている人が多いのです。ちょっと後ろめたいことがある方には恐ろしい事実。どんな人が情報提供者となりうるのか紹介しましょう。

恨まれているなら要注意!告発率トップ3はこんな人

ケース1 ライバル会社の経営者

シェアを奪い合っている企業同士にとって、相手が消えてくれるほど都合のいいことはありません。もしもライバル企業が不正会計や脱税をしていることを知ったならば、かなりの確率でリークされることでしょう。

 

ケース2 退職した元社員

体調を崩した、家庭の事情で止むを得ず、夢を持って転職した……。表面上の退職理由はさまざまですが、社員が会社を去っていくとき、その本当の胸の内は誰にもわからないものです。何かしら会社に恨みの感情を抱いて退職することは少なくありません。その社員が不正会計や脱税のネタをつかんでいれば、税務署にリークする可能性は十分にありえます。

 

ケース3 経営者の愛人や元愛人

リーク率が高く、税務署職員も大変興味を持って話を聞くのが、経営者の愛人による告発。愛人は経営者の不正なお金の使い道を把握している確率が高い傾向にあります。ベテラン税務職員曰く「お金に関しては、正妻よりも愛人に気を緩める経営者が多い」とのこと。脱税をしているワンマンオーナー社長が愛人との関係を悪化させたら要注意。とくに“おこずかい”を渡さなくなると、困った愛人が復讐に出ることがあるようです。

1 2
ページ先頭へ