国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

年末ジャンボ宝くじ10億円 高額当選したら税務署が一生チェック 宝くじと税金

今回、ジャンボ宝くじを、仲間うちで共同購入した人もいるだろう。共同購入した宝くじが見事1等前後賞の10億円をゲットしたときは要注意だ。
知らないで、代表して誰か1人が当選金を受け取りに行ったら面倒なことになる。10億円ともなれば、銀行振り込みになるだろうから、共同購入した場合の手続きは面倒になりそうだが、たとえば、後で山分けしたら、当選金を受け取った人から分けた人への贈与とみなされ、「贈与税」の課税対象となる可能性もでてくる。

代表して当選金をもらった人は税金を取られなくて、他の人は高額な贈与税が取られたら、これは揉めごとになるだろう。ちなみに贈与税は、「(贈与額-基礎控除額110万円)×税率-控除額」で計算する。半分以上税金で持ってかれることになる。この共同購入で一番ありがちなのが、兄弟や夫婦での購入のケース。共同購入した宝くじの当選金を非課税とするためには、面倒だが当選金は共同購入者全員で受け取ったという証明をもらう。受取人名義に全ての名前を書くか、署名押印した委任状を用意して、分配者全員の存在をはっきりさせておくことだ。

▼最新記事

【コラム】ドリームジャンボ 5億円を手にしたら非課税だけど税務署の目が光っている!?

令和元年 年末ジャンボ10億円が当たったら嬉しいけど税務署の眼が光る

 


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


著者: 宮口貴志

KaikeiZine編集委員兼論説委員

初代のKaikeiZine編集長。税金の専門紙「納税通信」、税理士業界紙「税理士新聞」の元編集長。現在は一般社団法人租税調査研究会の役員・事務局長であり、会計事務所ウオッチャー、TAXジャーナリストとして活動。㈱ZEIKENメディアプラス代表取締役社長。
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

1 2
ページ先頭へ