国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

相続の記事一覧

  • 「自筆遺言」を保管してもらえる制度始まる!

    2020.08.06

    相続については帰省時などが話し時。親が元気な時ほど気構えずに話せるものです。そしてどんな相続でも、財産目録などを遺しておくことこそが不要なトラブル防止に役立ちます。今年7月、自筆証書遺言の制度が変わりました。ハードルが高い公正証書遺言よりも簡単かつ、以前の自筆証書遺言と比べ紛失・改ざんの可能性がなくなったとされる本改正。どのような点が変わったのか、ここで見ていきたいと思います。

  • 元国税審判官が解説 公表裁決から学ぶ税務判断のポイント(第2回)相続で取得した上場株式の取得費の判断~2~

    2020.07.27

    前回は採決の概要や事実関係、争点、納税者と課税当局の主張を紹介しましたが、今回は審判所の判断について検討し、解説します。

  • 元国税審判官が解説 公表裁決から学ぶ税務判断のポイント(第1回)相続で取得した上場株式の取得費の判断~1~

    2020.07.17

    有価証券を相続するケースは少なくありませんが、税の実務上で頭を悩ませる一つに、取得費の判断があります。そこで、今回から2回にわたり、相続により取得した上場株式等の譲渡について、合理的な取得費の推定方法と認定された事案があったので、これを取り上げます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~事業承継税制にみる家督相続的色彩~

    2020.04.23

    我が国においては、かつて家督相続制度が存在し、長男が家督を継ぐのが当たり前という時代がありました。戦後民法が改正され、法律上は、今でこそ家督相続制度は残っておりませんが、租税特別措置法における事業承継税制にそうした色彩を感じます。今回はその点をご説明したいと思います。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~「二号さん」という呼称~

    2020.04.09

    最高裁平成7年7月5日大法廷決定(民集49巻7号1789頁)は、民法上、父親が死亡した際の嫡出子と非嫡出子の相続分に差があることについては合憲としていましたが、最高裁平成25年9月4日大法廷判決(民集67巻6号1320頁)は、当該規定について法の下の平等を定めた憲法14条1項に遅くとも平成13年7月の時点では反するに至っていたとして、違憲判断を下しました。これは、いわゆる妾の子に関する法律問題です。今回はこの「妾」に着目してみます。

  • 居住用建物 「3,000万円特別控除」の適用で“居住用”判断はここまで行う

    2020.04.07

    不動産を売却した場合、基本的には譲渡所得税が課税されるが、個人がマイホームを売却した場合には、税金が減税されるさまざまな特例がある。その中に譲渡所得の特例である、いわゆる「3,000万円特別控除」があるが、適用に当たって課税当局とトラブルになるケースも少なくない。どのようなケースで争いになっているのか迫った。

  • 相続したつもりもない不動産 取得しない人に固定資産税がかかるケースも

    2019.12.16

    不動産相続では、相続人にとって必ずしもプラスイメージの財産承継があるわけではない。なかには、相続したつもりのない不動産に関し、固定資産税・都市計画税(以下、固定資産税等という)の支払いを求められたケースが少なくない。不動産相続に伴う固定資産税のトラブルの最近の動向について紹介する。

  • 改正民法で関心高まる贈与税の配偶者特別控除 早期の住宅売却などに課題も

    2019.09.12

    2019年7月1日から民法の相続関連の法改正が一部の規定を除き施行された。今回の改正は、相続により、残された配偶者の生活を保護することが目的。ところが、新制度を適用した場合、活用の仕方によっては「贈与税の配偶者控除」などが適用できないケースがある。活用するに当たっての注意点などに迫ってみた。

  • BAC会計人クラブ

    【BAC講演】4月22日 ビジネス会計人クラブ相続・事業承継・M&A事例研究会

    2019.04.05

    会計士・税理士をはじめとした士業のビジネス交流組織「ビジネス会計人クラブ(略称=BAC)」(会長=平川茂税理士)が2019年4月22日に東京で相続・事業承継・M&A事例研究会を開催する。
    研究会は3部構成の講演・発表を予定しており、「争族になりがちな不動産問題と求められる事前対策」「不動産有効活用の新手法『アクティブシニア向け安心賃貸マンション』」「相続に係る遺品整理や骨董品評価対策」がテーマとなっている。

  • 税務署からの「お尋ね」を無視したらどうなる!?

    2019.03.28

    税務署から突然「お尋ね」が来ることがある。お尋ねは文書や電話でくるが、では、どんなときに来るのか。基本的には、株の売却、相続、不動産の売買など、大きなお金が動いたときなどに来る。このお尋ねだが、「お尋ね」なのだから無視しているとどうなるのか。

ページ先頭へ