国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

相続の記事一覧

  • 社長の妻 相続は「現金」希望が9割 「自社株」は迷惑

    2018.09.21

    自社株の相続はかえって迷惑――。M&A仲介会社のストライク(東京・千代田区、代表取締役=荒井邦彦氏、以後「ストライク」)が中小企業の経営者の妻に、将来相続したい資産を聞いたところ、9割近くの人が「現金・預金」と答えた。相続対策の一環として事業承継を考える際に誰に何を残すか、相続・事業承継のアドバイザーでもある職業会計人にとっても興味深い結果になっている。

  • 家を相続 首都圏在住の相続人は空き家売却傾向が強い

    2018.09.20

    空き家対策の一環として、平成28年度税制改正で誕生した「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」(租税特別措置法35条3項、以下、空き家の譲渡特例)を適用する相続人が、施行当初の平成28年に全国で4千件規模に上っていることが明らかとなった。適用状況から見えてくる不動産市場の動向について探ってみた。

  • 【受講無料】税理士のための相続税申告業務と並行して行う不動産実務

    2018.08.09

    9/19(水)、 10/9(火)、11/8(木)に東京で、会計事務所が「不動産ビジネス」を収益源とするための実践ノウハウを習得できる無料講座が開催されます。相続税を扱う会計事務所にとって、不動産実務をマスターすることは大きな収益源となります。株式会社ファルベ代表の石川真樹氏が、「税理士のための相続税申告業務と並行して行う不動産実務」と題して土地の評価・不動産(遺産)分割といった不動産相続実務のフロント業務を解説します。

  • ファルベ 「不動産相続」の業務品質向上を実現したい 教育事業・専門家連携をサポート

    2018.07.23

    「不動産相続の改善」を目的に税理士や不動産業者らにさまざまな支援を行っているファルベ(代表取締役=石川真樹氏、東京・中央区)。石川社長は、不動産相続に関する知識の浅さから納税者に不利益を与えているケースが多いと指摘する。同社が提供するサービス概要や今後の想いを聞いた。

  • BAC会計人クラブ

    平成30年度改正 新事業承継税制の徹底解説【東京税理士会・近畿税理士会 ・認定研修】

    2018.05.25

    会計士・税理士をはじめとした士業のビジネス交流組織「ビジネス会計人クラブ(略称=BAC)」(会長=平川茂税理士)は6月11日に東京、15日に大阪で「平成30年度改正 新事業承継税制の徹底解説」をテーマに定例会を開催する。

  • 【KaikeiZine読者を特別価格でご招待】2018年笹岡先生の資産税実務講座 受付中

    2018.03.09

    株式会社ファルベ(東京・中央区, 代表取締役=石川真樹氏 以下「ファルベ」)は、相続税、譲渡・民法相続法などを含む総合的な「資産税実務」を体系的に学ぶセミナーを開催。講師に笹岡宏保税理士を迎え、クライアントの信頼を獲得するための総合的な知識の育成を図る。本セミナーにKaikeiZine読者を特別価格でご招待します。

  • まずは話をすることが大切!相続人からみた相続対策

    2017.12.18

    みなさんは、 “相続”について考えたことがあるだろうか。親が病気中ならいざ知らず、まだ健康であるときには、親も子も相続のことなど考えもしないものかもしれない。しかし、突然、交通事故や自然災害などに遭遇するリスクもある。相続対策をしてこなかったために相続税の納税に困窮するのは、相続人である子の世代だ。そこで今回は、相続人の視点から相続について解説していきたい。

  • 大阪高裁 貸家等の評価につき空室期間5カ月は長期間と指摘

    2017.11.06

    賃貸物件を相続する場合、賃貸されているか否かで、相続税が異なることをご存じだろうか。これは、相続税の財産評価基本通達(評基通)に明記され、相続時貸家・貸家建付地は、賃貸割合が高ければ高いほど、評価を低く抑えられる(評基通26、93)というものだ。

  • 【セミナーのご案内】笹岡先生の資産税実務マスター講座 相続実務コース受付中

    2017.10.30

    株式会社ファルベ(東京・中央区, 代表取締役=石川真樹氏 以下「ファルベ」)は、相続税、譲渡・民法相続法などを含む総合的な「資産税実務」を体系的に学ぶセミナーを開催。講師に笹岡宏保税理士を迎え、クライアントの信頼を獲得するための総合的な知識の育成を図る。

  • 2017年路線価 13都道府県で上昇 相続・贈与に影響

    2017.07.04

    国税庁は7月3日、2017年分の路線価(1月1日時点)を公表した。全国の平均変動率は前年比0.4%プラスとなり、2年連続で上昇。東京都の路線価は、バブル期末期を超えて最高額を更新した。上昇の影響は、相続や贈与といった資産移転において今後、納税者に重くのしかかりそうだ。

ページ先頭へ