国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

税制改正の記事一覧

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:ネット収入の補足強化 全国の国税局にプロジェクトチームを設置

    2019.07.23

    国税庁は、仮想通貨取引やネットオークション、動画配信などインターネットを介して個人が得た収入を適正に課税するため、全国の国税局にプロジェクトチーム(PT)を設置し、情報収集体制を強化します。

  • 元国税庁国際担当官 多田恭章の海外取引に関する税金知識:仮想通貨取引 50人と30社で100億円申告漏れ

    2019.07.16

    仮想通貨取引において、2019年3月までの過去数年間で、少なくとも50人および30社が総額約100億円の申告漏れを指摘されていたことが新聞報道で明らかとなりました。これから税務調査の最盛期を迎えるにあたり、国税局では専門のプロジェクトチームを設置するなど情報収集体制を強化しています。

  • BAC会計人クラブ

    【BAC講演】平成31年度税制改正(政省令対応)のポイントと実務上の留意点【東京税理士会・関東信越税理士会認定研修】

    2019.04.05

    会計士・税理士をはじめとした士業のビジネス交流組織「ビジネス会計人クラブ(略称=BAC)」(会長=平川茂税理士)は2019年5月15日に東京で【平成31年度税制改正(政省令対応)のポイントと実務上の留意点】をテーマに講演会を開催する。
    研修会は東京税理士会や関東信越税理士会の認定研修(3時間)として行われる。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~非婚のシングルマザーと寡婦控除~

    2019.02.28

    非婚のシングルマザーに寡婦控除を認めるべきか――2010年前後から、非婚のひとり親家庭の保育料や公営住宅の家賃等を、結婚歴のあるひとり親と同水準にする自治体が増えてきました。これは各自治体における寡婦控除の「みなし適用」ともいえる動きですが、近年、所得税法上においても寡婦控除の改正議論が注目を集めています。今回は寡婦控除や我が国における伝統的な家族観などに着目してみましょう。

  • BAC会計人クラブ

    【BAC講演】平成31年度税制改正のポイント 12月21日【東京税理士会認定研修】

    2018.10.30

    会計士・税理士をはじめとした士業のビジネス交流組織「ビジネス会計人クラブ(略称=BAC)」(会長=平川茂税理士)は12月21日に東京で「平成31年度税制改正のポイント」をテーマに講演会を開催する。
    ビジネス会計人クラブでは、毎年12月に次年度の税制改正について勉強会を主催している。今年も「平成31年度税制改正のポイント」と題して、上西左大信税理士事務所の上西氏を講師に招き勉強会を行う。
    12月21日に行われるこのBAC講演は、東京税理士会の認定研修。

  • BAC会計人クラブ

    【BAC講演】民法(相続法)改正のポイント【東京税理士会認定研修】

    2018.10.19

    会計士・税理士をはじめとした士業のビジネス交流組織「ビジネス会計人クラブ(略称=BAC)」(会長=平川茂税理士)は11月8日に東京で「民法(相続法)改正のポイント」をテーマに講演会を開催する。
    これまでの規定の修正や追加のみならず、配偶者の居住権、自筆証書遺言の保管制度といった新規規程など相続税法改正のポイントについての解説が講演の内容。
    研修会は東京税理士会の認定研修。

  • BAC会計人クラブ

    【BAC講演】~事例から把握する~改正組織再編税制の実務ポイントと留意点【東京税理士会認定研修】

    2018.08.23

    会計士・税理士をはじめとした士業のビジネス交流組織「ビジネス会計人クラブ(略称=BAC)」(会長=平川茂税理士)は9月13日に東京で「~事例から把握する~改正組織再編税制の実務ポイントと留意点」をテーマに講演会を開催する。
    スクイーズアウト税制やスピンオフ税制などの組織再編税制について、税制改正にともなう留意点などが講演の内容。
    研修会は東京税理士会の認定研修(2.5時間)として行われる。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~日本建設業連合会の印紙税廃止要望~

    2018.04.12

    税制改正に当たっては、多くの関係団体が税制改正要望を提言します。例えば、日本医師会は、社会保険診療報酬等に対応する部分の消費税の仕入税額控除の制度見直しを要望していますし、かつて、日本新聞協会は、新聞等に消費税の軽減税率を適用するよう求める声明を発表しています。このように各団体が各々に関係する税制改正を要望しているところですが、今回は日本建設業連合会の印紙税廃止要望を参考に、こうした税制改正要望を確認してみましょう。

  • 女性記者のひとりごと vol.21 税法は難しい(2)

    2017.11.08

    そんな先生の脳細胞をコピーして自分の脳に埋め込めないものか…。
    税制改正の時期が近づくと、そんなことばかり考えてしまう。

  • 期限切れ間近、居住用の譲渡特例の適用動向と税制改正

    2017.10.27

    年末の税制改正論議に向けた各省庁の税制改正要望が出そろっている。このうち譲渡所得課税の分野では、マイホームを譲渡した場合の特例3種類について、適用期限の延長が国土交通省から要望されている。いずれも租税特別措置とあって、ニーズを踏まえ、政策効果が期待されてのことだ。そこで、延長が要望されている3種の特例について、最近の適用状況と数ある譲渡特例の中でのポジションについて確認し、今後の税制改正論議の動向を考えてみよう。

ページ先頭へ