国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

株の確定申告②株の損失は「分離課税で申告」すれば翌年以降も繰越控除できる

前回に続き、株の確定申告について解説します。今回は、上場株式等の譲渡損失の繰越控除についてです。

■上場株式等の損失は「源泉徴収アリの特定口座」でも申告できる

前回の記事で「『源泉徴収アリの特定口座』で株や投資信託に投資をすると確定申告がいらなくなる」とお伝えしました。これは「源泉徴収アリの特定口座」での運用益を証券会社側が代わりに申告してくれるからです。

株の確定申告①配当金は「所得税は総合課税で申告、住民税は申告不要」が節税…ってナゼ?注意点も解説

口座内で運用している譲渡損益や配当益は、証券会社が損益通算して税率20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の分離課税で申告を行い、還付が生じたら特定口座内に振り込んでくれます。

ただし、申告不要はあくまでも「申告しなくていい」です。「申告してはいけない」わけではありません。確定申告することもできます。さらに、所得税と住民税で「確定申告をする」「申告不要にする」を別々に選べます。

【参考】株式・配当・利子と税(国税庁)

こういった制度だからこそ、配当所得は「所得税は総合課税で確定申告、住民税は申告不要」で節税できるわけです。この他、分離課税で申告した方がいいときもあります。譲渡損失が出たときです。

1 2 3 4
ページ先頭へ