国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

租税調査研究会事務局の記事一覧

  • 医療・クリニック従事者必見! 正確な節税で正確な利益を

    2016.08.10

    医療・クリニック従事者は、経費の制限をきちんと理解することが得策だ。そこを理解しているのとしないとでは、大げさにいうと数百万円の差額がでることもあるので、正確な節税で正確な利益を出すことが重要だ。

  • これで決まり!簡単に出来る個人事業主の節税対策

    2016.08.10

    所得が大きくなれば、法人より払う税金が多くなるといわれている個人事業主。みなさんはしっかり税金対策できているであろうか。そこで今回は、誰でも簡単にできる節税対策の基本をご紹介したい。

  • 夢のスタートラインへ 起業家向けクラウドファンディング

    2016.08.10

    起業して自分の創り出したものを社会に根づかせたい、そんな夢を胸に抱いていても、実現するためのお金がない……これまでは夢のスタートラインに立つことすら簡単ではなかった。ところが、ときは流れて事情は変わりつつある。クラウドファンディングという名の資金調達方法が世の中に登場し、徐々に根づき始めたからだ。

  • 絶対に押さえておきたい! フリーランス・個人事業主の現金管理術

    2016.08.10

    経営に欠かせない「ヒト・モノ・カネ」の三要素。これを管理することが事業を成長、存続させるためには不可欠だ。その中でも注意してもらいたいのがお金の管理である。

  • 節税効果もある? 小規模不動産のうまい活用法

    2016.08.10

    一生懸命働いていると「税金ってなぜこんなに高いんだ?」「いったい税金は何に使われているんだ」ということが頭をよぎることもあるが、節税対策について興味がある人は少なくないだろう。書店でも節税対策に関するさまざまな本が売られているのは頷ける。その中でも不動産は、身近でかつ相続税の対策にもつながるので、節税に少しでも興味がある人は参考にしてほしい。

  • 開業医が知っておきたい節税のポイントとは?

    2016.08.10

    開業医の多くは、開業の当初から税理士や会計士に多くの相談をしていることだろう。開業医コンサルなども近年増加傾向にあるため、知恵を借りながらうまくクリニックを運営していこうという方も多いはずだ。なかでも、節税に関しては毎年のように頭を悩ませているのではないだろうか? 税理士、会計士に任せきりという方も、今一度、節税のポイントを理解しておこう。

  • 個人事業が知っておきたい税金の種類

    2016.08.10

    会社に雇用されていると、ほとんどのサラリーマンは確定申告をする機会がなく、税金に関して深く考える機会も少ないかもしれない。しかし、個人事業主になると、自分で確定申告の手続きや申請をする必要が出てくるため、税金に関する知識は必須だ。

    個人事業主として知っておくべき税金の種類とはいったい何なのか?税金のことは税理士に任せようと思っている個人事業主の方もぜひ一読してほしい。

  • freee クラウドERP提供の真の狙い 会計事務所の付加価値サービスを生み出すツール 会計事務所と二人三脚で中小企業支援<PR>

    2016.08.01

    多くの会計人が、個人向け、小規模事業者向けと思っていたクラウド会計のfreee株式会社(東京・品川区,代表取締役=佐々木大輔氏、以下 freee)が2016年6月1日より、ERPシステムの提供を開始した。それも、クラウドによるERPの提供だ。ついに、中規模企業以上のマーケットを視野にサービスラインを揃えたかとの印象もあるが、実は、ERP提供の真の狙いは、創業以来ブレないfreeeの目的の追求にあった。

  • 管理会計の導入で急成長をサポート 訪問看護ビジネスで必要とされる会計人の役割とは

    2016.07.27

    訪問看護事業の経営は難しいと思われているが、たった4年で570社もの開業支援を手掛け、成長事業に導いている企業がある。
    管理会計の導入で訪問看護事業の収益構造に大きな変革をもたらすインキュベクス株式会社(神奈川・横浜市)の取り組みと訪問看護ビジネスの現状、求められている会計人の役割などについて同社の上村隆幸代表取締役に聞いた。

  • 路線価 リーマンショック以来8年振りの上昇 全国で見れば二極化鮮明に

    2016.07.21

    2016年の路線価が7月1日に国税庁から発表されたが、今回の特徴は、全国平均では対前年比で0.2%上昇したものの、地方都市の多くが依然下落している。路線価は、都市部と地方の二極化が鮮明になった格好だ。

ページ先頭へ