国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

国税の記事一覧

  • 国税の滞納残高が29年振りに1兆円下回る 新規滞納額は6871億円

    2016.08.17

    国税の滞納整理中の総額が29年振りに1兆円を割った。国税庁によると、平成27年度租税滞納整理中のものの額は9774 億円となり、同26 年度より872 億円減少した。納期限前後の納付指導といった滞納未然防止策や法的措置の積極適用などが実を結んだ格好だが、一方で新規滞納額は増加している。

  • 熊本地震 災害で納税しなくてもよい方法あるのか? 保険金でカバーできなければ雑損控除

    2016.04.16

    4月14日午後9時26分ごろ、熊本県を震源とする最大震度7の強い地震が発生した。気象庁によると、震度7を観測したのは熊本県益城町。震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.4と推定されている。 熊本市内も震度6を記録し、九州全土で揺れを観測。熊本県内では、その後も強い余震が続いている。熊本県内の企業では、3月決算を終え、申告準備を進めている最中だったと思われるが、こうした自然災害に襲われ、甚大な被害を被った場合、通常通り税金を納税しなければならないのだろうか。

  • 国税庁のマル秘富裕層定義基準 東京、大阪、名古屋で重点調査

    2015.12.10

    税務署から富裕層が目の敵にされている。そんな気にさせられる最近の課税当局の動きだ。東京国税局をはじめ、一部国税局には、富裕層だけを狙った専門チームが設けられ、厳重な調査が行われる。富裕層調査は、インパクトが強いため、見せしめ的要素も強いが、国税庁の調査重点目標にも盛り込まれている。その富裕層だが、どこから富裕層と位置づけられるのだろうか・・・。

ページ先頭へ