国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

投資の記事一覧

  • 有馬記念 キタサン最強枠で勝利狙う 投資なら“はずれ馬券”も経費なのか?

    2016.12.22

    12月25日に中山競馬場で行われる「第61回GI有馬記念」の枠順抽選会が12月21日、東京・品川プリンスホテルで行われた。天皇賞(春)、ジャパンカップに続く今年GI・3勝目を狙うキタサンブラックは1枠1番に決まった。一攫千金を狙う競馬ファンも少なくないが、競馬といえば、「投資」なのか「ギャンブル」なのか争われていた裁判もあり、競馬における「投資」判断の基準が気になるところだ。

  • 節税効果もある? 小規模不動産のうまい活用法

    2016.08.10

    一生懸命働いていると「税金ってなぜこんなに高いんだ?」「いったい税金は何に使われているんだ」ということが頭をよぎることもあるが、節税対策について興味がある人は少なくないだろう。書店でも節税対策に関するさまざまな本が売られているのは頷ける。その中でも不動産は、身近でかつ相続税の対策にもつながるので、節税に少しでも興味がある人は参考にしてほしい。

  • 新たな資金調達のカタチ クラウドファンディングの実情

    2016.07.13

    これまでの資金調達は、銀行やベンチャーキャピタルからの調達、もしくは株式公開(IPO)により、投資家からの調達が中心で大掛かりなイメージがあたったが、近年では、インターネットやSNSの普及が進み、クラウドファンディングという新しい資金調達方法が誕生した。

  • この数年は全国でタワマン建設進む 節税効果はなくなってもニーズあり

    2016.06.24

    国税当局によるタワーマンション(タワマン)節税封じも噂されるなか、そのタワーマンション自体の建設ラッシュは暫く続きそうだ。不動産経済研究所(東京・新宿区)調べでは、全国で建設・計画されているタワーマンションは約9万戸に達している。タワーマンション建設の現状と今後についてリポートする。

  • 春の天皇賞で注目 馬主と税金問題 セレブ気分で一口馬主

    2016.04.27

    5月1日は「天皇賞・春」(京都、芝3200メートル)。有馬記念馬ゴールドアクターがGI2勝目を狙う。京都競馬場は、JRAの平地GI の中で最長距離のレース。前評判の高い実績馬だけでなく伏兵馬にも注目が集まる。ところで馬好きなら、一度は馬主になりたいもの。セレブの代名詞である馬主だが、複数人でお金を出し合い馬主になる、いわゆる一口馬主になることも可能だ。一口馬主の税務問題に迫った。

  • 東京高裁 外れ馬券裁判で逆転判決 自動購入ソフトなしでも雑所得扱い

    2016.04.26

    馬券を大量かつ継続的に購入することは、投資なのかギャンブルなのか争われていた裁判で、またも国側が敗れた。昨年3月、最高裁は同様の争いで納税者に軍配を上げたが、今回の高裁判決で競馬における「投資」判断の基準がより明確になってきた。

  • ベンチャーキャピタルで働く公認会計士のとある1日

    2016.04.12

    こんにちは。ベンチャーキャピタルで働く公認会計士の玉木です。最近Googleが開発した囲碁AI「AlphaGo」に触発されて囲碁をはじめてみましたが、一向に上達せずiPhoneアプリの初級モードに負ける毎日です。囲碁難しいですね。さらにハマってしまいそうです。

  • 4月1日からスタート ジュニアNISAで孫の将来資金捻出

    2016.04.05

    2016年4月1日(申し込み受け付けは1月から開始)から、未成年向けの少額投資非課税制度「ジュニアNISA」が始まった。「なんか難しそう」「投資には興味がない」と敬遠する人も少なくないが、「子どものため、孫のために少しでもお金を残したい」と思ったら、期間限定で税金が優遇されるお国ご推奨の制度を活用しない手はない。

ページ先頭へ