国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

税理士の記事一覧

  • これで決まり!簡単に出来る個人事業主の節税対策

    2016.08.10

    所得が大きくなれば、法人より払う税金が多くなるといわれている個人事業主。みなさんはしっかり税金対策できているであろうか。そこで今回は、誰でも簡単にできる節税対策の基本をご紹介したい。

  • 節税効果もある? 小規模不動産のうまい活用法

    2016.08.10

    一生懸命働いていると「税金ってなぜこんなに高いんだ?」「いったい税金は何に使われているんだ」ということが頭をよぎることもあるが、節税対策について興味がある人は少なくないだろう。書店でも節税対策に関するさまざまな本が売られているのは頷ける。その中でも不動産は、身近でかつ相続税の対策にもつながるので、節税に少しでも興味がある人は参考にしてほしい。

  • 開業医が知っておきたい節税のポイントとは?

    2016.08.10

    開業医の多くは、開業の当初から税理士や会計士に多くの相談をしていることだろう。開業医コンサルなども近年増加傾向にあるため、知恵を借りながらうまくクリニックを運営していこうという方も多いはずだ。なかでも、節税に関しては毎年のように頭を悩ませているのではないだろうか? 税理士、会計士に任せきりという方も、今一度、節税のポイントを理解しておこう。

  • 個人事業が知っておきたい税金の種類

    2016.08.10

    会社に雇用されていると、ほとんどのサラリーマンは確定申告をする機会がなく、税金に関して深く考える機会も少ないかもしれない。しかし、個人事業主になると、自分で確定申告の手続きや申請をする必要が出てくるため、税金に関する知識は必須だ。

    個人事業主として知っておくべき税金の種類とはいったい何なのか?税金のことは税理士に任せようと思っている個人事業主の方もぜひ一読してほしい。

  • 税理士試験が終わったらキャリアについて考えよう! 【税理士試験受験者対象】個別転職相談会開催! 【株式会社レックスアドバイザーズ】

    2016.08.03

    ~税理士試験が終わったらキャリアについて考えよう!~
    株式会社レックスアドバイザーズでは、税理士試験受験者を対象に、個別転職相談やキャリアカウンセリングを実施します。土日やお盆期間中も随時開催していますので、平日ご多忙の方もぜひこの機会をご利用ください。

  • ポイントは税理士試験後の動き出し 税理士科目合格者の転職活動と会計事務所求人の選び方

    2016.08.02

    第66回税理士試験が間近に迫ってきました。受験者の皆さんは1年のメインイベントかもしれませんね。REXでは例年、税理士試験後に科目合格者の転職相談がピークを迎えます。

  • 相続税調査は「重加算税」狙い!? 課税前は当局に決まった行動

    2016.08.02

    相続税調査では、税の重いペナルティである「重加算税」が比較的課されやすいとの話を聞く。なぜなら、重加算税を課せられる要件に相続税調査がはまりやすいためらしい。相続は一生の間に何度もあるわけではなく、調査になれば調査官が圧倒的に優位といわれる。相続税調査の実態および、重加算税と睨んだときの当局の行動に迫った。

  • 【税理士あるある】 日常編

    2016.07.29

    日々感じるあるあるネタ。あなたも税理士なら、きっと共感してくれるはずです。

  • 管理会計の導入で急成長をサポート 訪問看護ビジネスで必要とされる会計人の役割とは

    2016.07.27

    訪問看護事業の経営は難しいと思われているが、たった4年で570社もの開業支援を手掛け、成長事業に導いている企業がある。
    管理会計の導入で訪問看護事業の収益構造に大きな変革をもたらすインキュベクス株式会社(神奈川・横浜市)の取り組みと訪問看護ビジネスの現状、求められている会計人の役割などについて同社の上村隆幸代表取締役に聞いた。

  • 【8/4@東京】国税 OB の元徴収責任者が教える!!税理士が押さえておきたい国税徴収実務の基礎 申請型の「換価の猶予制度」を徹底解説

    2016.07.06

    平成26年度税制改正により、国税通則法及び国税徴収法が改正され、従来の「職権型」の換価猶予制度に加え、「申請型」の換価の猶予が併設されました。
    この換価の猶予は、簡単に言ってしまえば、滞納整理のなかでの納税緩和制度。申請などについては、いくつか要件をクリアする必要がありますが、何よりも国税職員でなければ、換価の猶予制度がどうしたら適用されるのかよく分からないこと。そこで、国税当局で徴収部次長・税務署長を歴任してきた、徴収部門の専門家である中島洋二税理士が、新制度の概要からポイントまでを解説します。
    ※株式会社マネーフォワード様との共催セミナーになります。

ページ先頭へ