国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

税理士の記事一覧

  • 【東京・大阪】税理士科目合格者対象 転職相談会開催! 会計事務所への転職をお考えの方、 税理士試験合格発表を機に転職をお考えの方におすすめです!<PR>

    2016.12.21

    税理士試験の合格発表を機に転職をお考えになる方も多いことと思います。
    合格科目に応じてキャリアアップを目指す方、勉強時間確保のために職場を変えたいとお考えの方、企業の経理職から会計事務所業界に挑戦しようとお考えの方など、それぞれの状況によってキャリアの選択もさまざまです。レックスアドバイザーズでは、一人ひとりの状況やご希望に合わせて、最適なキャリアプランをご提案し、求人選びのアドバイスをさせていただいています。満足度の高い転職を実現したいとお考えの方は、ぜひこの機会にお申込みください。

  • 監査法人の次のキャリアを考える 会計士・会計士試験合格者向け個別転職相談会!<PR>

    2016.12.21

    監査法人の次のキャリアとしてどんな選択肢があるのか、監査法人に残った場合どのようなキャリアパスがあるのか、転職する場合どのような求人があるのか等、一人ひとりの悩みやご希望、ご経歴や経験・将来像をもとにアドバイスさせていただきます。「コンサルティング業務に興味がある」、「税務に挑戦したい」、「一般企業で働いてみたい」、「将来独立を考えている」、「ライフステージに合わせて就業環境の見直しをしたい」など、それぞれの状況やお悩みに合わせた具体的な求人のご紹介やキャリアプランをご案内し、キャリアアップに向けたサポートをさせていただきます。転職するかどうか決めかねている方や、まずは情報収集をしたいという方のご参加も歓迎です。お気軽にお申込みください。

  • 税理士 試験組を試験免除者が猛追 20年で1万7千人増加

    2016.12.09

    12月16日には、“税理士のタマゴ”の税理士試験合格者の発表があるが、税理士数は緩やかに増加中だ。その税理士の登録者数は、平成27年12月末で7万5643人。税理士は日本税理士会連合会(日税連)の名簿に登録する必要があり、試験に合格しただけでは税理士とは名乗れない。その税理士登録者だが、この数年は試験を免除された、いわゆる「免除税理士」が急増している。なぜ今、免除税理士が急増しているのか……。

  • 税理士数増加も東京・大阪・愛知で7割超占める

    2016.12.07

    今年の税理士試験の合格発表は、例年より1周間遅れの12月16日だ。合格発表を境に、“税理士のタマゴ”等のリクルート活動も盛んになるが、税理士事務所業界は現在、大きな変革期の中にある。税理士事務所業界の現状についてまとめた。

  • 成功事例に学ぶ税理士科目合格者の転職 未経験分野へのチャレンジ!【会計事務所編】

    2016.11.08

    税理士・税理士科目合格の転職希望者の中には、未経験業務にチャレンジして得意分野を増やしたいと、スキルアップを目指す人がたくさんいます。未経験分野へのチャレンジを目的とした転職の場合、どのような点に注意して転職活動を進めるべきか、転職事例をもとにご紹介します。

  • 【会計事務所で働くアラサー女子のゆるふわ毒舌日記】下心からハロウィンにみんなで参加したいという部長。衣装代は経費になりますか?

    2016.10.21

    健康法など、自分が信用している人の言うことはすぐに信じ切って行動に移してしまう著者の部長。最近はこの時期の一大イベントについての情報を仕入れ、大騒動を起こしています。

  • キーエンス創業者の長男が1500億円の申告漏れ メジャーな節税手法に暗雲

    2016.10.14

    さきごろ、流量・圧力・レーザーセンサーなどの計測器大手キーエンス(大阪市・東淀川区)の創業者滝崎武光名誉会長(71)の長男が、贈与財産について1500億円の申告漏れを指摘されたとの報道があった。この節税手法、税理士業界ではメジャーになっているだけに、国税局がどこを指摘したのか、税の専門家の間では注目されている。

  • 新スキャナ保存法 9月30日から申請スタート スマホ・デジカメでの撮影データも可能に

    2016.09.27

    平成28年度税制改正で国税関係書類に係るスキャナ保存制度が見直されたが、その適用申請の手続きが9月30日から始まる。さらに使い勝手が良くなったが、会計事務所の反応は思ったほどではないようだ。

  • 3,000事務所が認定アドバイザーに登録 会計事務所がfreeeを選んだ理由とは<PR>

    2016.09.27

    簿記の知識がなくても簡単に始められることから、中小・零細企業から選ばれているクラウド会計ソフトのfreeeだが、付加価値サービスを拡大し、顧客満足度を高めたい会計事務所からも注目を集めている。なんと、freeeの認定アドバイザーとして登録する会計事務所は、2年半で3,000事務所にも増加。なぜ、ここまで会計事務所がfreeeに注目しているのかに迫った。

  • 出光・昭和シェルの合併から学ぶ 財団使った相続対策

    2016.09.07

    出光興産と昭和シェル石油の合併をめぐり、出光興産の創業家と経営陣の対立が再度表面化している。この問題で公認会計士や税理士などの専門家が注目しているのが、出光興産の創業家が設立した「財団」。超富裕層の節税手法として、財団を活用するケースが多いのだが、事業譲渡した後の経営面でみると、株式の持たせ方によっては経営リスクになりかねないというのだ。

ページ先頭へ