国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

節税の記事一覧

  • いまさら聞けない! 不動産投資の節税効果

    2018.03.26

    サラリーマンや事業が上手くいっている個人事業主に、節税を行いながら可処分所得を増やす手段として注目されている「不動産投資」。不動産投資はその収支に対して株式などの金融商品とは違った税制が適用されることから、節税できるのだ。そこで今回は、不動産投資の節税効果について検証したい。

  • 院長先生必見! クリニックの節税方法

    2018.03.19

    「節税方法」という言葉を聞くと、なにか特殊な知識や方法が必要と思われがちだが、やるべきことは単純である。税金は「所得金額×税率」で計算されるため、所得金額か税率のいずれかを下げることができれば、税金を押さえることができる。

    本来経費にできるものを経費としていない、せっかく用意されている所得控除などの制度を利用していないなど、無駄な税金を支払うことのないよう、いま一度ご自身の申告内容を検証してほしい。

  • フリーランス協会とメリービズがフリーランスのための確定申告イベントを開催

    2017.12.20

    多様な働き方をするフリーランスやパラレルワーカーを支援する組織、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(代表理事=平田麻莉氏、以下「フリーランス協会」)と経理のアウトソーシングサービスを展開するメリービズ株式会社(東京・中央区,代表取締役社長=工藤博樹氏、以下「メリービズ」)がフリーランスのための確定申告イベントを開催した。

  • マスコミ報道から見る!最近の脱税事情について

    2017.11.16

    儲けがでると、税金を安くしたいと思うのは人情かもしれない。しかし、節税が行き過ぎてしまうと、脱税になることもある。そこで今回は、最近のマスコミ報道から3件の事件を取り上げ、脱税問題に絡む諸事情について考えたい。

  • 確定申告書をもう一度チェック! 節税対策を見直そう

    2017.07.03

    確定申告書の作成を税理士に依頼せず、自ら作成している場合、知らないがゆえに損な申告書を作っているケースがあります。そこで今回は、損をしないために気をつけておきたい項目を紹介します。

  • 住宅にまつわる贈与で「節税」をはじめよう!

    2017.06.26

    平成27年1月1日以降の相続については、基礎控除が縮小された影響で、相続税の申告や納付が必要となる人が増加しています。いま、その対策として、生前贈与が大きなブームとなっていることをご存知でしょうか。何といってもやはり、毎年110万円の基礎控除内でコツコツ贈与していくことが、もっとも確実な節税となります。しかし住宅にまつる贈与については、より大きな特典が用意されているようです。そこで今回は、住宅にまつわる贈与のメリットを解説します。

  • 国の制度をフル活用~課税所得の圧縮と老後への備え~

    2017.05.08

    ほとんどの人が「税金は安いほうがいい」と考えているはずだ。今回は、節税しながら将来(老後)の資金積立や、事業防衛を可能にする国の制度をいくつか紹介したい。

  • 節税にもなる?「寄附金税制」とは

    2017.04.24

    公共の団体や事業などに、金銭や品物を贈る「寄附」。街角などで募金箱を見かけた際に、小銭を入れるようにしている方も多いのではないだろうか。今回は、そんな寄附を利用した節税について紹介したい。

  • 法人と個人どっちがお得? 個人事業の法人化について

    2017.03.13

    個人事業主として事業をはじめた場合に課題となる「どれぐらいの規模になったら、法人にするべきか?」という問題。税制面から考えた際に、いつ法人化するのが良いか、みなさんはご存知だろうか。今回は、個人事業主が法人化すべきタイミングについて紹介しよう。

  • 個人事業主は、「青色事業専従者給与」を使って上手に節税しよう!

    2017.03.06

    現在の所得税法では、課税される所得金額が増えるほど、その税率が高くなる「累進課税制度」が採用されている。夫婦の総収入は、どのような考え方であっても変わらないが、個人事業主の場合は青色申告の特典にある「青色事業専従者給与」を利用することで、夫婦の課税所得金額が減り、節税が可能となる。

ページ先頭へ