国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine

酒井克彦の「税金」についての公開雑談の記事一覧

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~AIが作成したデザインと源泉徴収~

    2019.03.14

    二松学舎大学では、夏目漱石の孫である夏目房之介氏などと共同で、「漱石アンドロイド」プロジェクトを進めています(https://www.nishogakusha-u.ac.jp/android/index.html〔平成31年2月1日訪問〕)。このプロジェクトでは、夏目漱石のアンドロイドを作成し大学等で講義を行ったり、演劇を行うなどの試みがなされていますが、こうした「偉人アンドロイド」を巡る人格権や著作権、肖像権などの各種の権利の捉え方については様々な意見がありましょう。今回は、AIの著作物と源泉徴収にスポットを当ててみます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~非婚のシングルマザーと寡婦控除~

    2019.02.28

    非婚のシングルマザーに寡婦控除を認めるべきか――2010年前後から、非婚のひとり親家庭の保育料や公営住宅の家賃等を、結婚歴のあるひとり親と同水準にする自治体が増えてきました。これは各自治体における寡婦控除の「みなし適用」ともいえる動きですが、近年、所得税法上においても寡婦控除の改正議論が注目を集めています。今回は寡婦控除や我が国における伝統的な家族観などに着目してみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~租税法におけるヒューマン・キャピタル論~

    2019.02.14

    人的資本、ヒューマン・キャピタルという言葉を耳にしたことがある方は多いかと思います。人的資源や人的資産など、呼び方に若干の差異はあれども、人の有する無形の価値に着目した概念と整理することができるでしょう。今回は、ヒューマン・キャピタルを巡る所得税法上の論点を紹介します。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~無戸籍とマイナンバー制度~

    2019.01.31

    いわゆるマイナンバー制度においては、全ての国民が1つの個人番号を持つこととされています。戸籍も同じく、国民1人につき1つの番号や登録がなされているわけですが、ここ最近、無戸籍者に関する報道や、マイナンバーの管理について疑問が呈されるような事例が報道されています。今回はマイナンバーと戸籍に注目してみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~一条鞭法と消費税法~

    2019.01.17

    租税には、一般的に公平性、中立性、簡素性の3つの原則が求められますが、我が国の税制は決して簡素なものとはいえないと思われます。もっとも、そうした各種税制の中でも、消費税法は簡素化を図って創設された制度といわれてきました。今回は、軽減税率導入を巡って大きな議論を巻き起こしている消費税法に注目しましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~格差とヒトの脳~

    2018.12.27

    税制を考えるに当たって、「格差」の問題は切っても切り離せない最大のテーマの一つといっても過言ではないかもしれません。格差是正に資する税制の構築が望ましいことに異論はないと思われますが、そもそも私たちは、「格差」というものを本能的にどのように捉えているのでしょうか。今回は脳科学を出発点として「格差」を考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~変わりゆく日本の相続~

    2018.12.13

    この度の民法(親族関係)の大改正が、法律や税務の実務に多大な影響を及ぼすことは間違いありません。相続税法も自ずとその影響を受けることになるかと思いますが、民法(親族関係)は、我が国の「家族観」が色濃く表れた法律ですから、時代の変化に従って改正がなされることは必然だったと思われます。今回は、山崎豊子の『女系家族』における遺言を見ながら、我が国の家族観の変遷を感じてみたいと思います。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~租税法の学習と効率主義の弊害~

    2018.11.22

    巷には、例えば「これで分かる連結納税」や「納得!事業承継税制」などといった分かりやすさを重視した租税関連書籍が溢れています。もちろん、租税法に携わらない一般人が、その大まかな全体像を掴むべく、そうした書籍を手に取ることは多々あるでしょう。しかしながら、租税の専門家たる税理士が、そうした本に実務上の根拠を求めている姿をしばしば見かけます。今回は租税法における「効率至上主義」的な問題点を考えます。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~消費税法上の「輸出」という概念~

    2018.11.08

    消費税は、事業者が国内において資産の譲渡等をした場合に課されます。しかし、輸出については、いわゆる輸出免税として消費税が免除されています。ここでは、「輸出」という概念の解釈が問題になりますが、同じ「輸出」という概念が使用されている関税法との関りなども考察すべきでしょう。今回は、消費税法上の「輸出」概念について考えてみたいと思います。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~スティーブン・スピルバーグ監督と税金~

    2018.10.25

    税金を素材とした映画は洋画邦画問わず多々あります。それだけ税金というものが私たちの生活に直結している証左ともいえますが、今回はハリウッドを代表する映画にスポットを当てて税金との関わりを見てみようと思います。

ページ先頭へ