国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine

酒井克彦の「税金」についての公開雑談の記事一覧

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~月はチーズでできている~

    2018.05.10

    貿易協定の交渉においては、当事国が、それぞれ保護したい国内産業と、輸出を促進したい産業の折り合いをつけるため、様々な駆け引きがなされます。昨年、我が国はEUとEPAを妥結しましたが、日本産品の「攻め」としては工業製品の関税撤廃、「守り」としてはコメを関税撤廃等の対象から除外するなどの枠組みで決定がなされました。今回は、EU側の「攻め」であるチーズの関税を巡っての議論に焦点を当ててみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~復興の象徴としてのチューリップ~

    2018.04.26

    昨年、被災地復興のため、オランダから仙台市へ、同国の国花であるチューリップの球根が寄贈されました。花の色はもちろんのこと、その形や香り、模様など、多くの品種があることで人気を誇るチューリップですが、かつてオランダにて投機バブルを引き起こしたこともある花として有名です。今回はそうしたチューリップにまつわる話をしてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~日本建設業連合会の印紙税廃止要望~

    2018.04.12

    税制改正に当たっては、多くの関係団体が税制改正要望を提言します。例えば、日本医師会は、社会保険診療報酬等に対応する部分の消費税の仕入税額控除の制度見直しを要望していますし、かつて、日本新聞協会は、新聞等に消費税の軽減税率を適用するよう求める声明を発表しています。このように各団体が各々に関係する税制改正を要望しているところですが、今回は日本建設業連合会の印紙税廃止要望を参考に、こうした税制改正要望を確認してみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~世界の男性人口35億?~

    2018.03.22

    タレントのブルゾンちえみさんが発する「35億」が2017年度の流行語となりました。世界中には35億もの男性がいるというネタですが、国際連合の発表によると、2018年1月1日の世界人口の推計は、約76億(7,632,819,000)人 、そのうち、男性は3,850,719,000人だといいます(* 1) 。したがって、同日現在では「38億」が正しいことになりそうですが、今回は人口が地方税収について与える影響を考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~横浜市のみどり税と森林環境税~

    2018.03.08

    平成30年度税制改正案においては、給与所得控除の見直しや事業承継税制の大幅緩和、賃上げ促進のための税制措置などが話題を集めていますが、その他にも多くの改正事項が盛り込まれています。今回は、注目を浴びている改正項目の陰に隠れがちですが、大変ユニークな新税である「森林環境税」にスポットを当ててみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~現住所に対する「ふるさと納税」~

    2018.02.08

    「ふるさと納税」をすれば、豪華な返礼品がもらえてこんなにお得!---年度末には、ふるさと納税を扱うサイトのCMが大変多く放送されていました。サイト経由でふるさと納税を行えば、12月31日の夜ギリギリまで同制度を活用できるということもあり、駆け込み需要ならぬ「駆け込み寄附」も多かったのではないかと思われます。さて、制度としてすっかり定着しつつあるふるさと納税ですが、批判的な意見を耳にすることもしばしばです。今回は「ふるさと納税」について考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~国税通則法の煽動罪と、平和の扇動者チャップリン~

    2018.01.18

    国税通則法126条1項には「煽動」をした者に対する罪が設けられています。平成29年度税制改正により改正された同規定は、いよいよ本年4月1日より施行されますが、同条項にいう「煽動」とは、果たしていかなる意味を有するのでしょうか。国税犯則取締法の廃止とともに国税通則法内に創設された同条項について、今回は、「平和の扇動者」であるチャップリンの名演説と併せてこの規定を考えてみましょう。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~杓子定規の解釈とシェイクスピア、そして役人へのススメ~

    2018.01.11

    租税法の解釈においては「文理解釈が重要」とよくいわれます。なるほど、租税法律主義の下では、法律の解釈にブレがあったり、自己の都合のよいように法を解釈適用すべきではありませんから、文理解釈の重要性は改めて述べるまでもありません。しかしながら、文理解釈が重要だからといって、杓子定規な文理解釈を行うべきかというと、決してそのような単純なものでもありません。東京電力福島第一原発の賠償問題が争われた最近の事例を契機に、改めて考える必要がありそうです。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~ちり紙スリ事件と重要性の原則~

    2017.12.28

    租税法の適用において、課税要件が満たされている中で、少額省略のような規定がないにもかかわらず、重要性の乏しい場合には納税義務が免除や軽減されるとする考え方が見られますが、果たして妥当なのでしょうか。今回は、いわゆるちり紙スリ事件を素材として刑法解釈との関係などからこの疑問を考えてみたいと思います。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~節税目的の婚姻と配偶者控除~

    2017.12.14

    婚姻の成立要件は何でしょうか?我が国は届出婚主義を採用していますから、戸籍法の定めるところに従って適法に届けられた場合にのみ法律婚を認めています。所得税法や相続税法にいう「配偶者」は民法上の法律婚を前提とした概念であると解されていますので、届出の有無が重要になるわけです。しかし、節税のためだけの目的で婚姻の届出がなされた場合にはどうでしょうか?

ページ先頭へ