国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

【コラム】ドリームジャンボ 5億円を手にしたら非課税だけど税務署の目が光っている!?

国税当局では「富裕層」として厳しい目が向けられる

5億円ものお金を手にできるなら、共同購入者は多少の面倒でも我慢して手続きを行うことが不可欠だが、もう一つ覚えておきたいのが、5億円当選したら、基本的には税務署から死ぬまで監視されるということ。

1人で購入して、5億円を手にしたとしたら国税当局では、「富裕層」に位置付け、一生監視していく。複数の国税OBの話を総合すると、「現金で1億円超持っていれば、富裕層と位置と付ける」ようだ。ただ、常に監視しているわけではなく、相続が発生したときなどに、宝くじの当選金がどのように使われてきたのかなどが調べられる。

たとえば、銀行口座に現金がほとんど入っていなければ、その使い道を調査する。宝くじの当選金を何に使おうが個人の自由だが、マイホームを購入していれば相続財産になるし、妻や子どもに多額のお小遣いをあげていれば、贈与税の申告があったかなどを確認する。

そうは言っても、「贈与税の申告がなく、妻や子がお小遣いを使い切っていれば、贈与されたのかも分からないため課税が難しい。ただ、多くの人が銀行口座などに貯め込んでいることが多いため、相続時に調査で隠しているお金を探し出す」としている。

夫婦で共同購入したとしても、手に入れた金額が億単位なら、2人とも監視対象になる可能性が高い。たとえば、5億円を夫婦で二等分して2億5千万円ずつ分けたとする。現金で億単位の現金を持てば、国税当局は富裕層として一生監視していく。

ちなみに、子どもに1億円をお小遣いとしてあげたら、贈与ということで贈与税が掛かり、せっかくプレゼントした1億円の半分以上を税金として納めなければならない。

お金が動けば基本的には税金が発生する。宝くじは、非課税だが、金額が高ければ、当然、税務当局も無関心ではいられない。高額な当選金には、国税当局の目が向けられていることはよく覚えておきたい。


個別転職相談(無料)のご予約はこちらから
いつでも簡単に。さらに見やすくなったKaikeiZine公式アプリKaikeiZineアプリ

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


著者: 宮口貴志

KaikeiZine編集委員兼論説委員

初代のKaikeiZine編集長。税金の専門紙「納税通信」、税理士業界紙「税理士新聞」の元編集長。現在は一般社団法人租税調査研究会の役員・事務局長であり、会計事務所ウオッチャー、TAXジャーナリストとして活動。㈱ZEIKENメディアプラス代表取締役社長。
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

1 2
ページ先頭へ