国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

税金・会計ニュースの記事一覧

  • 【コラム】国税の猛者達① 酒が強い!!

    2015.12.02

    酒が強い-。
    それが長いこと、仕事で税務調査官と付き合ってきて感じたこと。全員ではないが、とにかく酒を飲む人が多い。「皆、本当に酒が好きなんだなぁ」と思っていると、実はそれほどでもない人も多いという。それでも、先輩に誘われるから飲みに行く。昭和ちっくな雰囲気。それが国税職員だ。

  • 消費税増税で調査も更に厳格  不正還付、無申告洗い出し

    2015.12.02

    軽減税率問題でなにかと話題の消費税だが、今後は税務調査でも注目されそうだ。
    消費税は基本、法人税とセット(個人は所得税とセット)で調査されるが、消費税だけで調査される「消費税固有の調査」というものもある。税率が8%から10%になれば、1億円の儲けで単純に800万円から1千万円と、200万円も消費税を多く納める必要がでてくる。税金が増えれば、そこには「なんとか取り戻そう」という意識も出てくるもので、課税当局では不正申告に網を張っていく。

  • 基準地価  都市部でも二極化
    新幹線、リニアが牽引役に

    2015.12.02

    平成27年も残り数日。マンションも高値止まりになってきたことから、来年こそはマイホームでも買おうと考えている人も少なくないだろう。そうなると、気になるのが地価。できれば高値掴みしたくない。平成27年の地価の動向に特徴はあったのか迫ってみた。

  • AKS申告漏れと寄付金

    2015.12.02

    アイドルグループ「AKB48」の運営会社「AKS」(東京・千代田区)などが東京国税局の税務調査を受け、平成26年11月期までの3年間に、約5億円の申告漏れを指摘されていたという。過少申告加算税を含めた追徴税額は1億数千万円に上る。
     AKSは、AKB48などのメンバーの多くを、自社ではなく、芸能事務所に所属させており、メンバーへの報酬は、それぞれの所属事務所に支払う。AKSは、メンバーが家族と住む家賃や私的な旅行代などを立て替え、経費処理していたが、課税当局は、これらは報酬には当たらず、経費計上できないと判断した。
    AKSはすでに当局の指摘を踏まえ修正申告している。

  • 特定支出控除にベビーシッター代も

    2015.11.27

    会社員もベビーシッターを使ったら、所得税が減額される可能性が出てきた。厚労省が2016年度の税制改正要望に、「ベビーシッター」を利用した会社員の所得税負担を減らす新制度を盛り込んだためだ。

  • インターネット取引調査

    2015.11.27

    主婦や学生がインターネットで気軽に商売。なかでもオークションはすぐに始められ、慣れてくれば年間所得数百万円稼ぐ人も少なくない。こうした収入に対しても、税務調査官は厳しくチェックしている。なかでも、所得があるのにバレないと思っている無申告者。オークションサイトなどは、日頃から税務調査官が監視の目を光らせている。

  • ハゲ・ED治療薬、インプラントの医療費 傷ついたプライドは税金還付で癒せ

    2015.11.24

    できれば無縁でいたかったハゲ、ED、弱視に歯周病。自分の過去の行いを悔やむ人もいれば、DNAを恨むしかない人もいるでしょう。治療にかかった請求額を見てため息をついている方もいるのではないでしょうか。でもその書類、絶対に捨てないでください。医療機関で支払ったAGA・ED治療薬は医療費は控除の対象です。確定申告で医療費もプライドも取り戻せ!

  • 賞金は課税対象? ノーベル賞、オリンピックメダリストの賞金から企業の報奨金まで

    2015.11.24

    2015年は2人の日本人がノーベル賞を受賞しました。受賞者には1億円以上の賞金が支払われると言われていますが、世界的な名誉に輝いたその瞬間にも、収入には税金がかかるのでしょうか。
    そうだとしたら、オリンピックのメダリストの賞金は?アカデミー賞は?グラミー賞は?そしてサラリーマンの会社からの報奨金は?名誉に輝いたその時、課税はされるのかどうか調べてみました。

ページ先頭へ