国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

所得税の記事一覧

  • 「雑損控除」だけじゃない!災害時に事業主を助ける税務上の救済措置

    2021.09.29

    地震や台風といった自然災害が増えています。油断していると、いざ被災したときにあわてるかもしれません。特に怖いのが税金です。「申告と納税は待ったなし」だからです。けれど、きちんと手続きすれば負担を軽くできます。有名なのは「雑損控除」ですが、それ以外も知っておいた方がいいかもしれません。

  • 「相続財産×税率」じゃない!複雑な相続税の計算の基本を解説

    2021.08.25

    税理士試験が一段落し、「次は相続税を受けようかな」と考えている人もいるでしょう。中には「これから実務で関わる」という会計事務所の職員の方もいるかもしれません。今回は、そんな初心者向けに、相続税の計算の大まかな流れをお伝えします。

  • ふるさと納税で節税ミス…住民税の決定通知書のどこで分かる?原因と対策を解説

    2021.07.07

    住民税の決定通知書が届いて早1カ月が過ぎました。今年のふるさと納税を考える前に、昨年分が正しく節税できているかどうかを確認してみましょう。もしかしたら、控除されていないかもしれません。

  • 仮想通貨(暗号資産)の税金はいつかかる?個人・法人の課税のタイミングを解説

    2021.06.02

    昨年から急激に価格が上昇した仮想通貨(暗号資産、以下本稿では「仮想通貨」)。価格が下がり始めた今、注目が集まっています。「やってみたい、でも税金が気になる」「どんなときに課税されるの?」そんな人に向けて、個人・法人それぞれの課税のタイミングを解説します。

  • 総所得金額等と合計所得金額…どう違う?確定申告で使う場面も解説

    2021.03.30

    確定申告シーズンも終盤になりました。会計事務所1年目の方は、色々迷う点があったかもしれません。特に混同しやすいのが「総所得金額等」「合計所得金額」です。今回は、この2つの違いを解説します。
    (2021年4月6日加筆)

  • 国税庁 テレワークで会社が負担する電気代、通信費等に関する税務処理示す

    2021.03.01

    国税庁は1月15日、会社がテレワークのための費用負担した場合の税務上の取扱いを示した。通勤手当は現在、非課税措置が取られており、上限15万円までなら課税されないが、交通費の代わりに「在宅勤務手当」などを一律支給したら、給与と見なされ所得税がかかるケースもある。給与明細を見たとき、額面は変わらなくとも、手取り額が変わってくることもあるため、手当の支給方法は要チェックだ。

  • 所得税の確定申告 税務署は青色申告決算書を厳しくチェック

    2021.02.26

    令和2年度(令和3年)の所得税確定申告が2月15日から始まった。今年もコロナ禍の影響で申告期限が1カ月延長されたが、正しい申告をしないと税務当局は厳しく申告内容をチェックしている。税務当局は、確定申告書の何処に目を光らせているのだろうか。

  • 2021年版マイホームを売って損が出た 所得税確定申告の書き方講座

    2021.02.05

    やむを得ず自宅を手放す場合、買った時よりも高く売れれば良いのですが、多くの場合は損が出てしまうのが通例です。自宅を手放して出た損は、実は他の所得と損益通算することで納めるべき税額を少なくすることができます。さらに、一定の条件を満たせばその損を来年以降に持ち越し、来年以降の税額も抑えることができます。

  • 2021年版マイホームを売って利益が出た 所得税確定申告書の書き方講座

    2021.02.05

    コロナ禍において、マイホームの売却例が増えていると言われています。売却し購入時より高く売れた場合は、その利益に対し税金がかかってくるので、所得税の確定申告を行わなければなりません。ただし、マイホームだけに売却しても新しく住むための家を購入・賃貸等する必要があるわけで、他の財産のように利益全額に税金がかかるわけではありません。どういった場合に税金がかかり、どう申告を行うかについて解説します。

  • 2020年赤字だった個人事業主 所得税の確定申告はした方が良い?

    2021.02.01

    税の納付がある人には、確定申告の申告義務があります。一方、所得があっても控除額以下だったまたは赤字だった人は、申告義務はありません。義務がないなら申告しないで済んだ方が手間が少なくて良いという気持ちになりますが、申告をしておいた方がメリットが生まれる場面も多々あります。赤字での確定申告とは何か、何がメリットで何がデメリットなのかを解説します。

ページ先頭へ