国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

確定申告の記事一覧

  • 年度末でもOK! 節税に向けた償却資産の処分・有姿除却の活用

    2016.11.04

    事業を行ううえで、何よりも重要なのはキャッシュだ。資金繰りを考えると節税の機会があれば積極的に活用すべきだろう。今回は減価償却資産の処分等について、節税につながるポイントを紹介したい。

  • ノーベル賞医学・生理学賞に大隅良典さん 約1億円の賞金は非課税

    2016.10.05

    ノーベル医学・生理学賞の受賞者に、細胞が不要になった、たんぱく質などを分解する、「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明した東京工業大学栄誉教授の大隅良典さん(71歳)が選ばれた。賞金は800万スウェーデンクローナ。日本円にして約1億円だが、賞金には税金がかかるのだろうか。

  • パートタイマーの106万円の壁 10月からスタート 月8.8万円未満にしておくのが安全

    2016.08.25

    パートタイマーの「106万円の壁」スタートが、いよいよ秒読み段階だ。10月からパートタイマーの働き損のボーダーライが106万円になる。「106万円の壁」の年収の考え方は、きっちり毎月決まった額でなくとも、年収見込みで106万円との考え方だが、106万円を超えそうなら、9月から調整しておきたい。

  • サラリーマンでもできる不動産所得を利用した節税の裏ワザ

    2016.08.10

    サラリーマンには、節税対策がほぼない。しかし、唯一活用できるのが不動産所得である。今回は、そんな不動産所得を利用した節税の裏ワザをご紹介しよう。

  • 絶対に押さえておきたい! フリーランス・個人事業主の現金管理術

    2016.08.10

    経営に欠かせない「ヒト・モノ・カネ」の三要素。これを管理することが事業を成長、存続させるためには不可欠だ。その中でも注意してもらいたいのがお金の管理である。

  • 個人事業が知っておきたい税金の種類

    2016.08.10

    会社に雇用されていると、ほとんどのサラリーマンは確定申告をする機会がなく、税金に関して深く考える機会も少ないかもしれない。しかし、個人事業主になると、自分で確定申告の手続きや申請をする必要が出てくるため、税金に関する知識は必須だ。

    個人事業主として知っておくべき税金の種類とはいったい何なのか?税金のことは税理士に任せようと思っている個人事業主の方もぜひ一読してほしい。

  • セルフメディケーション税制の対象医薬品が公開 「ニコレット」など1492品目

    2016.07.15

    平成28年度税制改正で創設された「スイッチOTC薬控除(セルフメディケーション税制)」の対象医薬品名がこのほど、厚生労働省から公表された。第1弾となる公表では、1492医薬品が指定された。カゼ薬や胃腸薬などとともに、禁煙補助剤として有名な「ニコレット」も含まれている。

  • 本当に必要? 個人事業主の会計ソフト導入

    2016.06.27

    個人事業主やフリーランスの多くは、開業して仕事が回り始めるようになると、おカネの管理が煩雑になり、忙しさも重なり会計処理に手が回らなくなる。「そろそろ税理士に相談しなければ」と思っていても、毎月の報酬を考えると簡単に仕事を依頼できない。そんなときは、会計ソフトの導入を検討してみたい。

  • 確定申告で追い込み 医療費控除総まとめ

    2016.03.03

    平成27年度分確定申告期間も残り10日ほど。申告書作成の最後の追い込みという人も多いのではないか。「今週土日に申告すれば・・・」と考えていると、税務署は土日休みだ。今年の日曜開庁日は、2月21日と2月28日で3月はない。医療控除だけなら、パパッと済ませたいものだ。

  • 【コラム】税務署 各部門のお仕事事情 総務課は出世コースの重要ポスト

    2016.02.18

    確定申告一番乗り!すでに確定申告を済ませた人もいるようだが、3月に入ると税務署も混雑するので、早めの申告に努めたいもの。税務署に行くと、あれあれ、こんなに部署があるのかとビックリする。せっかく、税務署に行くのだったら、どんな部署がどんな仕事をしているのか、邪魔にならない程度に税務署を観察し、楽しんでほしい。税務署組織について紹介する。

ページ先頭へ