国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

税金の記事一覧

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~TAX ANSERとはTAX ANSWERのこと?~

    2018.10.11

    国税庁はホームページ上で、各税目ごとに納税者に向け「よくある税の質問」に対する回答を設けています。これは、「タックスアンサー」と呼ばれるシステムで、昨今では、「No.1525 仮想通貨交換業者から仮想通貨に代えて金銭の補償を受けた場合」などが公開され話題にもなりました。さて、今回はこの「タックスアンサー」に注目し、行政からの情報提供のあり方について考えてみましょう。

  • 女性記者のひとりごと vol.38 宿泊税

    2018.07.25

    宿泊客への説明責任や稼働率が低い旅館への対応、日本人と外国人観光客を区別しない点など、まだまだ課題は山積しているみたい。

  • “税界”の裏話 国税庁 定期人事異動からの“全力調査”スタート 中小企業の「国際取引」に熱視線

    2018.07.18

    国税庁は7月10日、定期人事異動も済み、いよいよ年末に向けて本格的な税務調査をスタートさせる。課税当局の事務年度は7月から翌年6月末まで。つまり、平成30事務年度が始まったばかりだ。最近は、調査着手の時期が早く、すでに調査予約は順次進められている。今事業年度の税務調査もキーワードは「富裕層」「国際」になりそうだ。

  • 離婚で税金トラブル 元夫の滞納は元妻から徴収!? 財産分与で貰い過ぎると思わぬ落とし穴

    2018.07.17

    滞納していた夫と離婚したことから、財産分与で貰った資産の一部を課税当局から「第二次納税義務」があるとして徴収され、これを不服として国とこの元妻が争うという珍しい裁判があった。離婚して新たな人生を歩んでいるのも束の間、切っても切れない、元夫の影がチラつく裁判の行方について紹介する。

  • 女性記者のひとりごと vol.37 AV女優の所得隠し

    2018.07.06

    調査の結果、男性4人から貰ったとされる金銭は「役務提供の対価」として所得税の対象となり、無申告だったということで延滞税やら重加算税やらがついて、追徴税額は1億1500万円に膨らんだそうな。

  • “税界”の裏話 ロシアW杯 侍ジャパン報奨金の税金はいくら? 

    2018.06.27

    ロシアワールドカップ(ロシアW杯)2018の決勝トーナメントをかけたグループリーグH第3節、日本代表とポーランド代表戦が6月28日開催される。日本代表が決勝トーナメント進出を決めれば、2010年南アフリカ開催以来となるが、ベスト16以上なら、FIFAから1200万ドル(約14億円)以上の報奨金を受け取ることになる。選手一人が受け取る報奨金は定かでないが、報奨金には税金がかかるのだろうか。

  • 経産省、国税庁 大阪北部地震で中小企業救済へ

    2018.06.25

    経済産業省は6月18日、「大阪北部地震」に係る災害に関して、大阪府大阪市、豊中市、吹田市、高槻市、守口市、枚方市、茨木市、寝屋川市、箕面市、摂津市、四条畷市、交野市及び三島郡島本町に災害救助法が適用されたことを踏まえ、被災した中小企業・小規模事業者対策を行うことを明らかにした。また同日、国税庁も災害により被害を受けた場合の申告・納税等に係る手続等についてホームページに掲載した。

  • 女性記者のひとりごと vol.36 配偶者控除

    2018.06.20

    税と社会保険をセットで考えなければ「壁」はいつまでたっても「壁」のまま。
    そもそも共働きが主流になってきたいま「配偶者控除」の存在自体いかがなものかと思う。

  • 女性記者のひとりごと vol.35 ワールドカップと税務調査

    2018.06.07

    早い段階で敗退した前回ブラジル大会での雪辱を西野ジャパンが果たせるか
    全国の注目が集まるが、実はここにもう一つ、また違った角度から
    W杯を見ている目がある。

  • 女性記者のひとりごと vol.34 金融口座に関する情報交換制度

    2018.05.28

    国による個人や法人の金融資産情報の取り込みが世界規模で進んでいる。
    「金融口座に関する自動的情報交換」がその最たるところ。

ページ先頭へ