国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

【コラム】財務省 可部国税庁長官は財務事務次官レースで後れをとった!?

2020年7月4日の財務省人事で、事務方トップの事務次官に太田充主計局長(60)が、その後釜の主計局長に矢野康治主税局長(57)が就任した。矢野氏の主計局長就任は、財務省内部でも「ビックリ人事」と囁かれており、本命視されていた入省同期の可部哲生理財局長(57)に用意されていたのは、国税庁長官ポストだった。これで次期次官レースは、矢野氏が一歩リードという見方が強いが、可部氏の巻き返しはあるのか・・・。

「最強官庁」と言われる財務省人事で、事務方トップである事務次官に太田充主計局長が就任した。事務次官の王道コースは、主計局次長(三席)→主計局次長(次席)→主計局次長(首席)→総括審議官→官房長→主計局長→事務次官と上がっていく。とくに、最終段階は、「主計局長→事務次官」が既定コースだ。

それでいくと太田氏は、2012年主税局審議官→2013年主計局次長(三席)→2014年主計局次長(次席)→2015、16年総括審議官→2017年理財局長→2018、19年主計局長と、ほぼ王道コースを歩んできている。

ただ、入省同期には、早くから事務次官候補と期待されてきた岡本薫明氏(2018、29年に財務事務次官)がいた。岡本氏は、2012年主計局次長(三席)→2013年主計局次長(次席)→2014年主計局次長首席→2015、16年官房長→2017年主計局長→2018、19年事務次官と、総括審議官こそやっていないだけで、入省同期の太田氏より先に事務次官ポストの王道コースを歩んできた。つまり、太田氏が次官ポストを射止めるには、同期から2人という、高いハードルを越えなくてはならなかったのだ。

しかし、先輩の1979年(昭和54)年入省組で異変が。木下康司氏、香川俊介氏、田中一穂氏と、同期で次官が3人誕生するという異例中の異例人事が行われたのだ。そのため、それ以降の人事にも影響することになった。もっとも田中氏は、安倍晋三首相政権下でなければ次官にはなれなかったとも言われている。田中氏は、第1次安倍政権時代に首相秘書官、第2次安倍内閣では法人税実効税率引き下げなどの財政政策に尽力し、安倍首相の信任が厚く、次官ポストは首相官邸からの意向がかなり影響したと言われている。

1 2
ページ先頭へ