国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

ビジネスマーケットの記事一覧

  • 【セミナーご招待】新生銀行グループが提案する新事業承継スキーム 「廃業支援型バイアウト®」とは!?

    2017.03.22

    新生銀行傘下の新生プリンシパルインベストメンツグループの一員として企業経営や資金調達に関するさまざまな課題に応えてきた新生インベストメント&ファイナンス株式会社(東京・千代田区,代表取締役社長=谷屋政尚氏、以下「新生I&F」)は4月20日、事業承継シーンにおける新スキーム「廃業支援型バイアウト®」(*)に関するセミナーを開催する。会計人が顧問先にアドバイスする際に押さえておきたいポイントや事業承継シーンにおける活用の仕方などを紹介。本セミナーにKaikeiZine読者を無料でご招待します。
    (*)「廃業支援型バイアウト®」は新生インベストメント&ファイナンス(株)の登録商標です。

    ※本セミナーはKaikeiZineとの共催セミナーです。

  • 「ITで会社が変わる!」中企庁が全国10都市でイベント

    2017.03.07

    中小企業庁と関東経済産業局は3月3日、東京都・中央区のベルサール東京日本橋で中小企業・小規模事業者を対象にITの利活用と導入推進を目的としたイベント「プラスITフェア」を開催した。

  • パナマ文書問題でクローズアップ 日本の国税当局の国際課税体制はここまで整備されている

    2017.03.01

    国税庁では、かなり前から国際取引における租税回避には厳しい目を向けている。意外と知られていない国税当局の国際部門について、元国税庁相互協議室課長補佐で複数の税務署長を経験された小寺壽成理士に話を聞いた。

  • 月末の金曜日は、ちょっと豊かに。 2月24日から“プレミアムフライデー”がスタート

    2017.02.27

    経済産業省と日本経済団体連合会(経団連)が昨年12月に取り組み方針を公表した“プレミアムフライデー”が先週、2月24日にスタートした。

  • 2017年度版 中堅監査法人業界動向【3】~グローバルネットワークと提携ファームについて~

    2017.02.20

    企業の大規模化や、IFRS適用企業の増加といった状況を受け、準大手のみならず、中小事務所でもグローバルな会計事務所のネットワークに参加したり、提携を進めたりする法人が増えています。今回はグローバルネットワークと提携ファームについて分析します。

  • 2017年度版 中堅監査法人業界動向【2】~中堅監査法人について~

    2017.02.16

    今回はいくつかの点に絞って中規模監査法人の分析を行います。以下、「レポート」にて準大手に分類されている6法人に、規模等を勘案した上で3法人を加えた計9法人を分析の対象とします。

    なおデータは各法人のHPなどを参考にしており、集計時点の違いなどにより若干のズレが生じる点はご理解下さい。

  • DeNA キュレーション事業で38億円減損 IFRSにおけるのれん減損処理

    2017.02.15

    ディー・エヌ・エー(DeNA)は医療系キュレーションメディア「WELQ」等を巡る問題を契機に減損損失を計上した。本稿では、DeNAが採用しているIFRS(国際会計基準)における減損処理の流れを本件に沿って簡単に解説する。
    なお、簡素化のために省略している手続や異なる名称を使用している項目がある。

  • クラウド名刺管理のSansanが「働き方改革」に関する意識・実態調査

    2017.02.14

    クラウド名刺管理のSansan株式会社(本社:東京・渋谷区,代表取締役社長=寺田親弘氏、以下Sansan)がこのほど、全国の企業に勤めるオフィスワーカー1035人に対して、「働き方改革」に関する意識・実態調査を行った。2月1日には、本社において、同社の富岡圭取締役事業部長、マーケティング部の志賀由美子ワークスタイルエバンジェリスト、経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室の藤岡雅美室長補佐が登壇し、実態調査に関する報告会を行った。

  • 2017年度版 中堅監査法人業界動向【1】~大手監査法人と中堅監査法人の比較~

    2017.02.14

    「寡占状態」とも言われる日本の監査法人業界。新日本、トーマツ、あずさ、およびあらたの4大監査法人が圧倒的な規模を誇っているが、回復基調にあるIPO件数の増加などを受け、それ以外の監査法人も少しずつ存在感を高めている。そこで今回は大手に次ぐ規模を持つ、中堅監査法人について全3回に渡り、さまざまな角度から分析します。

  • ムダ?マイナス!?会計視点で考える介護事業のIT投資「訪問看護ビジネスで求められる会計人」3回目

    2017.02.10

    介護現場へのIT導入がなかなか上手く進まないケースがある。それは事前の計画や検証が不十分な場合に多いのだが、「管理会計」の視点によって、当たり前の内容でも論理立ててしっかりとIT導入の効果を検証することにより、適切な効果を持つIT導入が可能となる。その方法を、インキュベクス株式会社 代表取締役 上村隆幸氏が語る。

ページ先頭へ